TOSテレビ大分 > アナウンサールーム > 油布良平アナウンサーの日記

油布良平アナウンサーの日記

Vol.04

2008年05月12日更新

私は「変わっている」と友人に良く言われます。

今までなぜそんな風に言われるのか分からなかったんですが、 この日記を書いているうちに理由が分かった気がしました。

先日、寝る前に布団の中で目覚まし時計をセットしていた時、 妙に時計の針が気になって、その時間から自分が起きる予定の時間まで針を回してみました。(午前1時〜午前7時くらいまで)

すると、1時、2時、3時、4時、5時…と針は進んでいき 思った以上に寝てるんだなと思いました。

こんな風に時計を見ることはなかったので新鮮で面白かったです。

時間は基本的に見るものではなく、感じるものだけれど、こういう風な見方も面白いなと思いました。

そして、ずっと時計の針を見ていたら、針って後に戻ることはないんだなぁと思い、常に時計の針は進んでいるから、自分もどんどん前に進んでいかないと思いました。

案の定、寝る前にこんな堅いことを考えていたら、時計の「カチっカチ」っていう音が気になって、 「お前寝てないで練習しろよ!」って言われているようで なかなか眠れませんでした。

なんのこっちゃ。

皆さんも、一度ぜひ、時計の針を回してみて下さい!

この面白さに気づくはず?です!

| 2014/04 |

Su Mo Tu We Th Fr Sa
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30