カーハンター2nd

カーハンター
CAR HUNTERとは…

藤林唯が扮するキャットガールが大分県内のカーディーラーショップへ潜入!今季注目の最新車種の秘密を探る!

今回の潜入先は!

ネッツトヨタ大分 本店

  • 住所:〒870-0108 大分県大分市三佐一丁目2番23号
  • TEL:097-522-0010

注目の最新車種の秘密とは!

メーカー名 トヨタ
車名 プリウス
カラー ・サーモテクトライムグリーン/ ・エモーショナルレッド/ ・スティールブロンドメタリック/ ・グレーメタリック/ ・アティチュードブラックマイカ/ ・ダークブルーマイカメタリック/ ・スーパーホワイトⅡ/ ・ホワイトパールクリスタルシャイン/ ・シルバーメタリック
本体価格 メーカー希望小売価格 2,518,560円〜(税込)
燃費 40.0km/L

カメラとレーダーで衝突回避ぶつからないをサポート。

プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
前方の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。プリクラッシュブレーキは歩行者に対しては自車が約10~80km/hの速度域で作動し、たとえば、歩行者との速度差が30km/hの場合にはプリクラッシュブレーキにより約30km/h減速し、衝突回避または被害軽減をサポートします。また、車両に対しては自車が約10km/h以上で作動。たとえば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合はプリクラッシュブレーキにより約40km/h減速し、衝突回避または被害軽減をサポートします。

■プリクラッシュブレーキは、対車両は自車速度約10km/h以上から作動、対歩行者は自車速度約10~80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。 ■プリクラッシュセーフティはあくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。 ■数値は社内測定値。 ■写真は作動イメージです。 ■写真のカメラ・レーダーの検知範囲はイメージです。

カメラとレーダーで衝突回避はみ出さないをサポート。

レーンディパーチャーアラート*1(ステアリング制御機能付)
道路上の白線(黄線)を単眼カメラで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、警報ブザーとディスプレイ表示により注意喚起します。さらに電動パワーステアリングを制御することで、車線逸脱を回避しやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートします。

*1. 車線逸脱警報。 ■本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。 ■レーンディパーチャーアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。 ■写真は作動イメージです。 ■写真のカメラ・レーダーの検知範囲はイメージです。

予防安全自車後側方から接近してくる車両を検知し、注意を喚起。

リヤクロストラフィックアラート〈RCTA〉
駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両をレーダーで検知。ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーによりドライバーに注意を喚起します。

[Aプレミアム“ツーリングセレクション”、Aプレミアム、A“ツーリングセレクション”、AにT-Connect SDナビゲーションシステムまたはナビレディセットとセットでメーカーオプション] ■天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。 ■リヤクロストラフィックアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、運転に際してはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。 ■リヤクロストラフィックアラートのレーダーは真後ろの車両を検知できないため、必ずバックモニターと合わせてご使用ください。 ■写真は作動イメージです。 ■写真のレーダー・センサーの検知範囲はイメージです。

予防安全踏み間違えてもサポートする、先進の安全機能。

インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]
超音波センサーで周辺監視しながら、アクセル・ブレーキペダル操作に関係なく、低速取り回し時における衝突回避、または衝突被害の軽減に寄与するシステムです。車庫入れなどの運転時、障害物の接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、ブレーキ制御を行い障害物との接触を緩和する機能を追加しています。

[Aプレミアム“ツーリングセレクション”、Aプレミアム、A“ツーリングセレクション”、Aに標準装備。S“ツーリングセレクション”、S、Eにメーカーオプション] ■インテリジェントクリアランスソナーは自動(被害軽減)ブレーキまで働くシステムではありますが、必ず止まることを約束するものではありません。道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。 ■安全運転を行う責任は運転者にあります。常に周囲の状況を把握し、安全運転に努めてください。 ■ソナーの検知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。 ■運転者自身でインテリジェントクリアランスソナーの自動(被害軽減)ブレーキ制御を試すことはおやめください。 ■インテリジェントクリアランスソナーの自動(被害軽減)ブレーキが作動した場合でもブレーキ制御は2秒で解除されるため、そのまま前進・後退できます。また、ブレーキペダルを踏んでもブレーキ制御は解除されるため、再度アクセルペダルを踏むことで前進・後退できます。 ■写真は作動イメージです。 ■写真のレーダー・センサーの検知範囲はイメージです。 ■写真の画面表示は機能説明のために通常の状態とは異なる表示・点灯をしています。実際の走行状態を示すものではありません。

コネクティッドサービス1クルマの異常を察知し追跡!

ドアロックやウインドゥの閉め忘れを検知したり、ハザードランプの消し忘れを検知したときに、メールやスマホアプリにお知らせします。

マイカーSecurityのその他のサービス
・アラーム通知
・リモート確認
・車両の位置追跡・警備員の派遣
・カーファインダー(停車位置確認)
・エンジン始動通知

コネクティッドサービス2ドライバーの緊急事態に備えて専門オペレーターがスタンバイ。

ヘルプネット®(エアバッグ連動タイプ)*1

突然の事故や急病時に、専門オペレーターが警察や消防に取り次ぎ、迅速な緊急車両の手配を行います。自分がどこにいるのか、正確に伝えるのが難しい緊急事態でもボタンを押すだけで位置情報が送信されるため、通常の通報より緊急車両の出動が短縮できます。また、エアバッグ作動時には自動でオペレーターに接続します。

[T-Connect DCMパッケージ、T-Connect DCM単体] *1. ご利用にはサービス利用開始操作が必要です。
■サービスのご利用には、T-Connectの契約が必要です。基本利用料は3年間無料(4年目以降12,000円/年<消費税抜き>)。 ■T-Connectについて詳しくは、T-Connectサイトhttps://toyota.jp/tconnectservice/)をご覧ください。

毎週抽選で1万円分のガソリン券をプレゼント!