アナウンサー

藤村晃輝のコーキ心

2年連続2回目の出場

2019年01月25日更新

あっという間に2019年になり・・・年明けから何をしていたかと言いますと、

全日本バレーボール高等学校選手権大会(春の高校バレー)の実況と取材のために東京に行っていました。

全国大会の実況は、2年連続2回目の出場(担当)。

今年は男子の1回戦(別府鶴見丘vs県立岐阜商業)と2回戦(多度津vs県立岐阜商業)の2試合を担当しました。

この春高バレーでは、県内のチームはもちろんなのですが、県外のチームと新たな出会いがあるのも魅力の1つです。

今年も多くの出会いがありました。チームの皆さん、本当にありがとうございました!

実に52年ぶりの出場で全国ベスト16に入った多度津高校(香川県)の選手たちと

そして県代表は女子の東九州龍谷が、初戦から危なげなく勝ち上がり・・・

準決勝、決勝はともにフルセットの大激闘・・・最終的には全国準優勝を果たしました。

最後の最後まで頂点を目指して、粘って戦う姿、本当に感動しました。

目標としていた日本一には届きませんでしたが、それでも堂々の準優勝。本当におめでとうございます。

チームは3年生が引退し、新チームとして始動していて、明日からは早速新人戦に臨むことになっています。

これからの東龍のさらなる活躍に注目です!

バックナンバー