2018年6月30日 更新

整理収納は冷蔵庫から

『お部屋の片づけ!?』

そろそろお部屋の片付けをしようかなと思っているみなさん。

まずは、どこから始めますか?

整理・収納アドバイザー須摩由美さんは、意外なところから始めるんです

それは!!

 

「冷蔵庫」。

冷蔵庫は、冷蔵・冷凍・野菜室、それぞれにしまうものが決められている、いわゆる収納庫。これは家の中も同じです。

タンスの中には衣類、本棚には本。つまり、須摩さん曰く冷蔵庫を片付けることはすべての部屋を片付けることにつながるということなんだそうです。

では実際に須摩家の冷蔵庫はどのように整理されているのでしょうか?

スッキリとしてゆとりのある須摩家の冷蔵庫。

100円ショップなどで購入した容器を利用して必要なものを

グループ分けして収納してありました。

一番上は、日持ちがするものやあまり使わないもの。

二段めは時々使うもの、目線の位置にある下の段にはよく使うもの、使う頻度や物によって置く場所を決めているんだそうです。

そして、収納する容器にもこだわりが

中に何が入っているか分かるようにあえて透明の容器を使用しているんだそうです。

特に一番上の段は奥まで手が届きにくいため、

須摩家では、このように取っ手付きの容器を利用して奥の物を

取り出しやすいように収納しているんだそうです。

皆さん、どこに何をしまったかわからなくなった…という経験ありませんか?

冷蔵庫もリビングも片付けをする際にどこに何をしまったか把握をしておくことが

重要なポイントなんです。

今からの夏の時期、冷蔵庫に鍋ごとしまえる空間があれば、皆さんも便利だと思いませんか?

そしてもう一つ、この時期に冷蔵庫を整理すると嬉しいことがあるんです。

それは節電。

皆さんも是非冷蔵庫から片付けしてみませんか?