2019年8月10日 更新

簡単サバ缶レシピ!真琴先生のサバ缶+α

前回、梅雨時期のマル秘レシピを教わった

フードアナリストの木村真琴先生に

またまた簡単アレンジを伝授していただきました

 

今回アレンジするのは「サバ缶」

最近では、スーパーでも完売が続出するなど大人気の食品。

このままでもとっても美味しいですが、ちょっとアレンジすることで

更に美味しくなるレシピをご紹介♪

今日の献立に是非取り入れてみてはどうでしょうか。

 

 

木村さんは大分県内の企業や都内の百貨店などの食品コンサルタントや

カフェのプロデュースなど、食のマネジメントを行うスペシャリストなんです!

 

今日のメニューはこちら

・サバ缶の南蛮漬け

・サバ缶の竜田揚げ

・サバ缶の香草パン粉焼き

 

まずはサバの南蛮漬け

使用する材料はご覧の通りです。

サバ缶 1缶

人参 1/3

玉ねぎ 1/2

ピーマン 1/2

醤油 大さじ2

酢 大さじ5

みりん 大さじ2

(たかのつめはお好みで)

ごま油

 

まずは、野菜を千切りにしていきます。

続いて、ピーマン、そして人参も千切りに。

 

醤油、酢、酒を合わせたものをひと煮立ちさせます。

煮立たせることで口当たりがよりやわらかくなりますよ~

ボールにサバ、カットした野菜を入れて、

ひと煮立ちさせた調味料をかけ入れていきます。

 

ごま油を回し入れ、ラップをして30分!冷蔵庫に置きましょう!

 

なんて簡単☆

 

 

 

その間に、続けて2品目!

 

サバ缶で竜田揚げ

使用する材料はご覧の通りです

サバ缶 2缶

醤油 大さじ2

酒 大さじ2

生姜 小さじ1

片栗粉 適量

油 適量

 

 

まず、トレーにサバを取り出し

続いて、醤油・酒・生姜で作った合わせ調味料を

サバを並べたトレーに流し入れます。

 

10分で下味がつくので少し待ちましょう♪

生姜を入れているのも夏バテ解消のポイントです!

 

水気をきり、片栗粉は満遍なくつけましょう!

 

油でカラッと揚げていきます。

サバに火が通っているので衣の具合だけで大丈夫!

頃合いを見て油から上げてくださいね。

 

3品目はこちら

使用する材料はご覧の通りです。

サバ缶 1缶

パン粉 大さじ5

オリーブオイル(サラダ油でも可) 大さじ2

にんにく(チューブでOK) 小さじ1/2

パセリ お好みの量

バジル お好みの量

 

まずは、パン粉、スパイス類を軽く混ぜ合わせておきます。

そこに、すりおろしたにんにく、オリーブオイルを加えて

さっくりと混ぜておきましょう。

耐熱皿に盛り付けしたサバの上に

先ほどのパン粉をまんべんなくかけていきます。

 

トースターやオーブン(200度)で8分ほど、表面の焦げ具合を注意しながら焼いていきます。

 

今回はパセリやバジルを使って洋風に♪

和風で召し上がりたい方は、スパイスを山椒や青のりに変えると

違ったテイストに仕上がりますよ♪

 

夏バテ解消ポイントはこれ!!

「にんにく」

にんにくを入れて体力つけましょう

 

 

簡単かつ栄養もしっかり摂れるサバ缶メニュー

夏休みのお昼ごはん、夜ご飯に大活躍しそうな予感!

是非皆さん、試してみてくださいね♪