2021年3月6日 更新

3/6 OITAプレミアムグルメ 洋食編

70年以上愛される城下町のハイカラ洋食「中央クラブ」。杵築市役所のすぐ近くにあります。
昭和初期にオープンしたお店は店内もレトロなアイテムがずらり並んでいます。

メニューのほとんどは今でも500円。

味付けも創業当時そのままで、お腹も心も満たしてくれるお店です。

名物は「チキンクラブ洋食」。新鮮な鶏肉を揚げお酢を加えたソースを絡めるというシンプルな料理です。

 

チキンクラブ洋食 800円(税込)ライス付 ※テイクアウトOK

【 中央クラブ 】

住所:杵築市杵築392

電話番号:0978-62-2140

営業時間:11:00~18:00

休み:日曜

 

 

 

昭和37年オープン。大分市顕徳町にある、とり天の名店「キッチン丸山」。

創業当時からの人気メニュー「ポークチャップ」。

ポークチャップのソースは3日かけて作るデミグラスソースにトマトソースなどをブレンドしたオリジナルの味付け。長年つぎ足して仕込むデミグラスソースが深いコクを引き出しています。

ポークチャップ 1000円(税込) ライス・お味噌汁・サラダ付

【 キッチン丸山 】

住所:大分市顕徳町1-6-15

電話番号:097-537-5538

営業時間:11:00~14:30

休み:日曜・祝日

 

 

 

昭和28年オープン。別府市北浜にある「グリルみつば」。

昔ながらの製法にこだわっているのが「ビーフカツ」。デミグラスソースは、創業当時から守られている門外不出のレシピで、1週間~10日ほど煮込んでいます。サクサクした衣は、友永パン自家製のパン粉を使用。

  

ビーフカツ 1900円(税込)

【 グリルみつば 】

住所:別府市北浜1-4-31

電話番号:0977-23-2887

営業時間:11:00~13:30 18:00~20:00

休み:火曜