TOSニュース

パルコ跡地 大分市が売買契約へ

2017年11月08日 19:00更新
 大分市中心部の大分パルコ跡地の購入について大分市が進めていた売買契約が大筋で合意にいたり契約を結ぶ見通しであることがわかりました。

 大分パルコの跡地をめぐっては所有者の大分中村病院が移転計画を断念し東京の不動産会社などを通して売却先を探していました。これに対し大分市は2019年のラグビーワールドカップなどに向け「祝祭の広場」として活用したいと入札に参加し10月、優先的に交渉する権利を得ていました。そして関係者によりますとこの売買契約について大筋で合意にいたり契約を結ぶ見通しとなったことがわかりました。

 大分市では当初上限30億円の債務負担行為を補正予算として組んでいましたが契約額はおよそ23億円だということです。市は来週開かれる市議会の全員協議会でこれまでの交渉の経過や今後の手続きについて説明し11月30日開会予定の定例市議会で関連予算案を提出する方針です。

過去の記事を検索

日付で検索

検索

テキストで検索

検索

関連情報

お天気コーナー

お天気コーナー 担当:大波多 美奈

TOSニュース番組

NNN ニュースサンデー 日曜日 午前6時15分
FNN TOSスピーク 月曜日~金曜日
土曜日・日曜日 午前11時30分 午前11時50分
ゆ~わくワイド&News 月曜日~金曜日 午後4時50分
FNN TOSみんなのニュース 土曜日・日曜日 午後5時30分
TOSニュース 月曜日~日曜日 午後8時54分
NEWS ZERO 月曜日~木曜日
金曜日 午後11時00分 午後11時30分