TOSニュース

捜査用のデジカメ 現場に置き忘れ

2017年11月09日 11:30更新
 11月、大分南警察署の捜査員が市内の事件現場に捜査用のデジタルカメラを置き忘れていたことがわかりました。カメラには事件の撮影データが入っていましたがデータの流出は確認されていないということです。

 大分南警察署によりますと11月1日、40代の男性巡査部長と20代の男性巡査が管内で起きた事件の現場で捜査用のデジタルカメラを使いました。その後、カメラを置いたまま警察署に戻ったため現場に立ち会っていた事件の関係者から連絡があったということです。知らせを受けた2人が現場に戻り、およそ1時間後にカメラを回収しました。中には複数の現場で撮影された捜査用の画像が保存されていましたが、カメラを見つけた人は中身を見ていないと話していてデータの流出も確認されていないということです。大分南警察署の日名子肇副署長は「機材の適正管理を含め、再発防止に努めたい」とコメントしています。

過去の記事を検索

日付で検索

検索

テキストで検索

検索

関連情報

お天気コーナー

お天気コーナー 担当:大波多 美奈

TOSニュース番組

NNN ニュースサンデー 日曜日 午前6時15分
FNN TOSスピーク 月曜日~金曜日
土曜日・日曜日 午前11時30分 午前11時50分
ゆ~わくワイド&News 月曜日~金曜日 午後4時50分
FNN TOSみんなのニュース 土曜日・日曜日 午後5時30分
TOSニュース 月曜日~日曜日 午後8時54分
NEWS ZERO 月曜日~木曜日
金曜日 午後11時00分 午後11時30分