TOSニュース

JR3路線 復旧に約120億円

2017年11月09日 19:00更新
 JR九州は9日に豪雨と台風の影響で運転見合わせが続いている3つの路線の復旧費が総額でおよそ120億円に上る見通しであると発表しました。

 平成29年7月の九州北部豪雨では日田市のJR久大本線の橋が流され光岡駅と日田駅の間で運転見合せが続いています。JR九州によりますとこの区間の復旧費はおよそ17億円に上り平成30年7月中に運転を再開できる見通しだということです。

 一方、日田彦山線の復旧費はおよそ70億円と見込んでいますが青柳社長は9日の会見で「JR九州単独で行うことは難しい」との見解を示しました。今後は復旧支援を検討している自治体と協議しながら対応を検討したいとしています。また台風18号による被害のため運転見合わせが続いているJR日豊本線の臼杵駅と佐伯駅の間については復旧費はおよそ31億円で12月下旬に運転を再開する予定だということです。

過去の記事を検索

日付で検索

検索

テキストで検索

検索

関連情報

お天気コーナー

お天気コーナー 担当:大波多 美奈

TOSニュース番組

NNN ニュースサンデー 日曜日 午前6時15分
FNN TOSスピーク 月曜日~金曜日
土曜日・日曜日 午前11時30分 午前11時50分
ゆ~わくワイド&News 月曜日~金曜日 午後4時50分
FNN TOSみんなのニュース 土曜日・日曜日 午後5時30分
TOSニュース 月曜日~日曜日 午後8時54分
NEWS ZERO 月曜日~木曜日
金曜日 午後11時00分 午後11時30分