TOSニュース

同じ中学校で2日連続、給食に異物混入

2017年11月10日 11:30更新
 11月8日、臼杵市の中学校で給食のおかずの中にビニールの切れ端のようなものが混入していたことが分かりました。

 この学校では、その前の日にも給食から異物が見つかっています。臼杵市によりますと11月8日、西中学校の給食に出された豚キムチの中に1辺7センチほどの三角形の形をしたビニールの切れ端のようなものが入っていたということです。生徒が口に入れる前に気付いたため健康被害は出ていません。給食は臼杵学校給食センターで作られていて市は調理の過程で紛れ込んだものと見ています。

 西中学校では、その前の日にも給食の中から小さな磁石のようなものが見つかっています。異物混入が相次いだことを受けて市の教育委員会では各学校や保護者に対し今後、安全対策に努めるといった内容の文書を10日にも送ることにしています。市教委は「調理過程の見直しを行い再発防止に努めたい」とコメントしています。

過去の記事を検索

日付で検索

検索

テキストで検索

検索

関連情報

お天気コーナー

お天気コーナー 担当:大波多 美奈

TOSニュース番組

NNN ニュースサンデー 日曜日 午前6時15分
FNN TOSスピーク 月曜日~金曜日
土曜日・日曜日 午前11時30分 午前11時50分
ゆ~わくワイド&News 月曜日~金曜日 午後4時50分
FNN TOSみんなのニュース 土曜日・日曜日 午後5時30分
TOSニュース 月曜日~日曜日 午後8時54分
NEWS ZERO 月曜日~木曜日
金曜日 午後11時00分 午後11時30分