TOSニュース

加熱用を刺身などに 焼き鳥店で食中毒

2017年11月10日 19:00更新
 大分市の焼き鳥店で食中毒が発生していたことがわかりました。3人が腹痛などを訴え1人は入院したということです。

 食中毒が起きたのは大分市坂ノ市中央にある「焼きとり凡天」です。大分市保健所によりますと10月28日にこの店で飲食をした3人が下痢や腹痛などの症状を訴えそのうちの2人からカンピロバクターの菌が検出されたということです。1人は市内の医療機関に6日間入院しましたが現在は3人とも快方に向かっています。この店では「加熱用」と表示された鶏肉を加熱していなかったり加熱が不十分なまま提供していました。今回の3人も「砂ずりの刺身」や「ささみわさび」などを食べていて市ではこうした食材が食中毒の原因になった可能性が高いとみています。市は「凡天」に10日と11日の2日間営業停止命令を出しています。

過去の記事を検索

日付で検索

検索

テキストで検索

検索

関連情報

お天気コーナー

お天気コーナー 担当:大波多 美奈

TOSニュース番組

NNN ニュースサンデー 日曜日 午前6時15分
FNN TOSスピーク 月曜日~金曜日
土曜日・日曜日 午前11時30分 午前11時50分
ゆ~わくワイド&News 月曜日~金曜日 午後4時50分
FNN TOSみんなのニュース 土曜日・日曜日 午後5時30分
TOSニュース 月曜日~日曜日 午後8時54分
NEWS ZERO 月曜日~木曜日
金曜日 午後11時00分 午後11時30分