TOSニュース

県当初予算案 5年連続プラス予算

2018年02月13日 19:00更新
 平成31年度の県の一般会計当初予算案が発表されました。総額は6169億円余りで5年連続で前の年度を上回るプラス予算となっています。広瀬知事は「大分復興前進予算と言っている」災害復興と地方創生の両方に取り組むとしている平成31年度の県の一般会計当初予算案。総額は6169億円余りで平成30年度よりおよそ71億円多く5年連続のプラス予算となっています。この中には、九州北部豪雨などで被災した河川の改修や福祉避難所の体制強化など防災関連の80の事業におよそ324億円が計上されています。また、この秋に行われる国民文化祭の事業費や平成31年のラグビーワールドカップを前に大銀ドームの仮設スタンドや芝の整備に向けた費用なども含まれています。

 一方、県税の収入については平成30年度より33億円多い1257億円を見込んでいます。この予算案は2月27日に開会予定の定例県議会に提案されます。

過去の記事を検索

日付で検索

検索

テキストで検索

検索

関連情報

お天気コーナー

お天気コーナー 担当:大波多 美奈

TOSニュース番組

NNN ニュースサンデー 日曜日 午前6時15分
FNN TOSスピーク 月曜日~金曜日
土曜日・日曜日 午前11時30分 午前11時50分
ゆ~わくワイド&News 月曜日~金曜日 午後4時50分
FNN TOSみんなのニュース 土曜日・日曜日 午後5時30分
TOSニュース 月曜日~日曜日 午後8時54分
NEWS ZERO 月曜日~木曜日
金曜日 午後11時00分 午後11時30分