TOSニュース

出生数 6年連続で過去最少

2018年06月12日 19:00更新
 平成29年1年間に県内で生まれた子供の数が6年連続で過去最少を更新したことが分かりました。これは国が6月1日に発表した人口動態統計に基づき県が12日発表したものです。それによりますと、女性1人が生涯に出産する子供の数を示す合計特殊出生率は県内では1.62となりました。これは全国10位の多さで2年連続の1.6台です。一方で県内で平成29年1年間に生まれた子どもの数は8658人で前の年から401人減少しました。これは1899年の調査開始以降、最も少なくなっていて過去最少を更新するのは6年連続です。その要因について県は「20代と30代の女性の人口が減っているため」と分析しています。

 また県内で結婚した夫婦の数は戦後最少となる5022組でした。こうした状況を受け、県は独身の男女に出会いの場を提供する「出会いサポートセンター」を開設し婚活を支援することにしています。

過去の記事を検索

日付で検索

検索

テキストで検索

検索

関連情報

お天気コーナー

お天気コーナー 担当:大波多 美奈

TOSニュース番組

NNN ニュースサンデー 日曜日 午前6時15分
FNN TOSスピーク 月曜日~金曜日
土曜日・日曜日 午前11時30分 午前11時50分
ゆ~わくワイド&News 月曜日~金曜日 午後4時50分
FNN TOSみんなのニュース 土曜日・日曜日 午後5時30分
TOSニュース 月曜日~日曜日 午後8時54分
NEWS ZERO 月曜日~木曜日
金曜日 午後11時00分 午後11時30分