TOSニュース

大分県産の露地カボス 旬入り宣言 

2018年08月10日 11:30更新
 露地栽培の県産カボスが旬を迎え大分市の市場では10日、初セリが行われました。

 旬を迎えたのは主に竹田市や臼杵市などで露地栽培されているカボスです。大分市の公設地方卸売市場では10日の初セリを前に旬入り宣言式が行われました。続いて、露地カボスおよそ1400キロが競りにかけられ例年並みの1キロあたり450円で取引きされました。2018年は春から夏にかけて雨が少なかったため大きさは小ぶりですが一方で平均気温が高かったことから例年以上に果汁が豊富だということです。JAおおいたかぼす部会藤原輝幸部会長「カボスを買っていただいてその果汁に多少の糖分を入れて冷やして一気に飲んでいただきたい」露地カボスは10月までにおよそ5800トンの収穫が見込まれていて県内をはじめ、関東や関西にも出荷されます。

過去の記事を検索

日付で検索

検索

テキストで検索

検索

関連情報

お天気コーナー

お天気コーナー 担当:大波多 美奈

TOSニュース番組

NNN ニュースサンデー 日曜日 午前6時15分
FNN TOSスピーク 月曜日~金曜日
土曜日・日曜日 午前11時30分 午前11時50分
ゆ~わくワイド&News 月曜日~金曜日 午後4時50分
FNN TOSみんなのニュース 土曜日・日曜日 午後5時30分
TOSニュース 月曜日~日曜日 午後8時54分
NEWS ZERO 月曜日~木曜日
金曜日 午後11時00分 午後11時30分