TOSニュース

岡城跡 コンクリートの擁壁対策工事

2018年10月10日 19:00更新
 竹田市の岡城跡でコンクリートの擁壁が景観に馴染まないと指摘されている問題で市は壁が目立たないようにする工事を10日から始めました。

 竹田市の岡城跡は2014年の台風で石垣の基礎部分の岩盤が崩落しました。このため市は2017年12月に高さおよそ18メートル、幅9メートルほどのコンクリートの擁壁を設置しました。しかし、この擁壁について市議会や市民などから「擁壁が白く、周囲に馴染んでいない」といった指摘が相次ぎました。こうした意見を踏まえ市は10日から擁壁を目立たなくするための対策工事を始めました。具体的にはコンクリートの表面に凹凸をつけコケなどの定着を促すほか周りに植物を植えるなどして緑で覆い隠す計画です。

 擁壁が目立たなくなるまで数年かかる見込みですが市は「今後も学識経験者などと進捗状況を確認しながら情緒あふれる岡城跡の景観を取り戻していきたい」と話しています。

過去の記事を検索

日付で検索

検索

テキストで検索

検索

関連情報

お天気コーナー

お天気コーナー 担当:大波多 美奈

TOSニュース番組

NNN ニュースサンデー 日曜日 午前6時15分
FNN TOSスピーク 月曜日~金曜日
土曜日・日曜日 午前11時30分 午前11時50分
ゆ~わくワイド&News 月曜日~金曜日 午後4時50分
FNN TOSみんなのニュース 土曜日・日曜日 午後5時30分
TOSニュース 月曜日~日曜日 午後8時54分
NEWS ZERO 月曜日~木曜日
金曜日 午後11時00分 午後11時30分