TOSニュース

特定外来生物 大分市で相次いで発見

2018年10月11日 19:00更新
 特定外来生物の「セアカゴケグモ」と「ツマアカスズメバチ」が大分市で相次いで発見されました。

 ツマアカスズメバチの発見は県内では初めてです。セアカゴケグモが見つかったのは大分市三佐の60代の女性の自宅前の畑です。10日午前に発見され通報を受けた市が調べた結果セアカゴケグモのメスと判明しました。県内での発見は、2例目です。セアカゴケグモのメスは毒を持っていて噛まれて重症化すると進行性の筋肉麻痺が起こる恐れがあります。噛まれた人の情報は入ってはいませんが市は、現場周辺に殺虫剤を撒くとともに住民に注意を呼びかけています。一方、中国などに生息し強い繁殖力を持つ特定外来生物のツマアカスズメバチが県内で初めて大分市で発見されました。県によりますと、10月8日大分市明野の私有地で工事業者が巣を発見しツマアカスズメバチと確認されました。駆除は既に終わっていて県は、今後現場周辺の緊急調査を行うことにしています。

過去の記事を検索

日付で検索

検索

テキストで検索

検索

関連情報

お天気コーナー

お天気コーナー 担当:大波多 美奈

TOSニュース番組

NNN ニュースサンデー 日曜日 午前6時15分
FNN TOSスピーク 月曜日~金曜日
土曜日・日曜日 午前11時30分 午前11時50分
ゆ~わくワイド&News 月曜日~金曜日 午後4時50分
FNN TOSみんなのニュース 土曜日・日曜日 午後5時30分
TOSニュース 月曜日~日曜日 午後8時54分
NEWS ZERO 月曜日~木曜日
金曜日 午後11時00分 午後11時30分