TOSニュース

障害者雇用水増し 県教委に抗議

2018年11月06日 19:00更新
 障害者雇用の水増しがあった県教育委員会に対し6日障害者団体などが抗議文を提出しました。

 「大分県教育委員会でも障害者の法定雇用率について不適切な算定をした事について強く抗議いたします」県教育委員会に抗議したのは県内12の障害者団体などです。県教委では平成30年度、障害者手帳を持たない職員66人を障害者に含めて算出し実際には障害者の法定雇用率に達していませんでした。6日は抗議文を提出した後話し合いが行われ障害者団体の代表などからは「民間を先導する立場の行政が積極的に雇用すべきではないか」「障害者の声を直に聴いて仕組みづくりをしてほしい」などの意見が出ていました。自立支援センターおおいたの後藤秀和理事長は「大分県は全国の障害者雇用、もしくはバリアフリーのロールモデル(模範)になっていくべきだと思う」県教委は、11月末までに労働局に雇用計画を提出する予定で今回の話し合いも踏まえ、内容を調整していきたいとしています。

過去の記事を検索

日付で検索

検索

テキストで検索

検索

関連情報

お天気コーナー

お天気コーナー 担当:大波多 美奈

TOSニュース番組

NNN ニュースサンデー 日曜日 午前6時15分
FNN TOSスピーク 月曜日~金曜日
土曜日・日曜日 午前11時30分 午前11時50分
ゆ~わくワイド&News 月曜日~金曜日 午後4時50分
FNN TOSみんなのニュース 土曜日・日曜日 午後5時30分
TOSニュース 月曜日~日曜日 午後8時54分
NEWS ZERO 月曜日~木曜日
金曜日 午後11時00分 午後11時30分