TOSニュース

大麻草栽培 医師の男に懲役1年求刑

2018年11月07日 11:30更新
 自宅で大麻草を栽培していたとして起訴された杵築市の医師の男に対する裁判が7日、大分地裁で開かれました。男は起訴内容を認め検察側は懲役1年を求刑しました。

 大麻取締法違反の罪に問われているのは杵築市大内の医師衛藤大典被告45歳です。起訴状によりますと衛藤被告は平成30年5月から9月までの間、自宅に大麻の種をまいて水や肥料を与え大麻草8株を栽培した罪に問われています。大分地裁で開かれた7日の裁判で衛藤被告は起訴内容を認めました。また検察側は被告が25歳の時にインターネットで大麻の種を購入した事を明らかにしました。その上で「大麻の栽培は自己使用が目的であったもののおよそ15年に渡って栽培を続けていたのは悪質」などと指摘し懲役1年を求刑しました。判決は、11月21日に言い渡されます。

過去の記事を検索

日付で検索

検索

テキストで検索

検索

関連情報

お天気コーナー

お天気コーナー 担当:大波多 美奈

TOSニュース番組

NNN ニュースサンデー 日曜日 午前6時15分
FNN TOSスピーク 月曜日~金曜日
土曜日・日曜日 午前11時30分 午前11時50分
ゆ~わくワイド&News 月曜日~金曜日 午後4時50分
FNN TOSみんなのニュース 土曜日・日曜日 午後5時30分
TOSニュース 月曜日~日曜日 午後8時54分
NEWS ZERO 月曜日~木曜日
金曜日 午後11時00分 午後11時30分