TOSニュース

日米共同訓練 アメリカ軍本体4日に現地入り

2018年12月03日 19:00更新
 12月7日から県内で予定されているオスプレイを使った日米共同訓練についてアメリカ軍の本隊が4日、現地に入る見通しであることが分かりました。また3日は地元の住民グループが演習場近くの高台に監視小屋を設置しました。

 2日夜、アメリカ軍の先発隊およそ20人が日出生台演習場に入りました。訓練には自衛隊に加えアメリカ軍、およそ250人が参加することになっていて関係者によりますと本隊は4日に現地に入る見通しだということです。日米共同訓練は12月7日から19日までの13日間の日程で日出生台演習場と十文字原演習場で行われる予定です。このうち、日出生台演習場では県内で初めてオスプレイも使用されることになっています。12日と16日に2機ずつ使用され12日には、夜間飛行も予定されています。訓練を前に3日は日出生台演習場が見渡せる玖珠町の高台に地元の住民グループローカルネット大分・日出生台が監視小屋を設置しました。訓練期間中、メンバーが常駐しオスプレイの飛行状況などに目を光らせることにしています。また県は訓練の受け入れについて了解できないという立場を取っていて現在、九州防衛局に対し安全確保の徹底などについて合意を求めています。九州防衛局では県に対し文書で回答するとしていますが3日午後6時現在で県には届いていないということです。

過去の記事を検索

日付で検索

検索

テキストで検索

検索

関連情報

お天気コーナー

お天気コーナー 担当:大波多 美奈

TOSニュース番組

NNN ニュースサンデー 日曜日 午前6時15分
FNN TOSスピーク 月曜日~金曜日
土曜日・日曜日 午前11時30分 午前11時50分
ゆ~わくワイド&News 月曜日~金曜日 午後4時50分
FNN TOSみんなのニュース 土曜日・日曜日 午後5時30分
TOSニュース 月曜日~日曜日 午後8時54分
NEWS ZERO 月曜日~木曜日
金曜日 午後11時00分 午後11時30分