TOSニュース

かぼすヒラマサ 初出荷

2019年04月15日 19:00更新
 県などが開発した「かぼすヒラマサ」の出荷がきょうから始まり、大分市の市場で試食会が行われました。

 「かぼすヒラマサ」は、餌にかぼすの皮などを混ぜて育てた養殖のヒラマサで、さっぱりとした味わいが特徴です。県などが開発してきましたが、安定的に生産できる体制が整ったため、きょうから本格的に出荷が始まりました。けさは大分市の公設地方卸売市場で試食会が開かれ、関係者が早速、その味を確かめていました。県はこれまでに、カボスを餌に混ぜたブリとヒラメを出荷していますが、いずれも旬は冬場です。一方、ヒラマサはこれから夏にかけて旬を迎えるため、県では「カボスシリーズとして年間を通して出荷することで県産魚の販路を拡大したい」としています。「かぼすヒラマサ」は今シーズン、県内や関東などにおよそ5000匹の出荷される見込みで、1匹あたり8000円前後で取引されるということです。

過去の記事を検索

日付で検索

検索

テキストで検索

検索

関連情報

お天気コーナー

お天気コーナー 担当:大波多 美奈

TOSニュース番組

NNN ニュースサンデー 日曜日 午前6時15分
FNN TOSスピーク 月曜日~金曜日
土曜日・日曜日 午前11時30分 午前11時50分
ゆ~わくワイド&News 月曜日~金曜日 午後4時50分
FNN TOSみんなのニュース 土曜日・日曜日 午後5時30分
TOSニュース 月曜日~日曜日 午後8時54分
NEWS ZERO 月曜日~木曜日
金曜日 午後11時00分 午後11時30分