TOSニュース

娘を乳がんで亡くした夫妻 しこり分かる模型を贈呈

2019年05月14日 19:00更新
 11人に1人。これは日本人の女性が生涯で乳がんになる割合です。この乳がんで娘を亡くした大分市の夫妻が14日若い人たちの早期発見に役立ててもらおうと県内の高校に対ししこりの感触が分かる模型を寄贈しました。

 乳がんのしこりの感触を体験できる模型を県に贈ったのは大分市の花岡治さんと静代さんの夫妻です。花岡さん夫妻の娘の美穂さんは2009年に乳がんと診断されその5年後に亡くなりました。美穂さんは違和感を感じながらも自分で乳腺炎と判断しがんと分かった時には進行していたと言います。花岡さん夫妻はこうした経験から若い人たちに乳がんを早期に発見してもらおうと2018年から県内の高校に対ししこりの感触が分かる模型を贈っていて14日は37台分の目録を広瀬知事に手渡しました。去年の分と合わせ県内全ての高校に届けられることになります。2018年にこの模型が贈られた高校ではすでに保健体育の授業などで活用されています。県教委では「模型を使い、生徒たちに乳がんについての知識を深めてもらい早期発見に繋がるよう活用していきたい」と話しています。

過去の記事を検索

日付で検索

検索

テキストで検索

検索

関連情報

お天気コーナー

お天気コーナー 担当:大波多 美奈

TOSニュース番組

NNN ニュースサンデー 日曜日 午前6時15分
FNN TOSスピーク 月曜日~金曜日
土曜日・日曜日 午前11時30分 午前11時50分
ゆ~わくワイド&News 月曜日~金曜日 午後4時50分
FNN TOSみんなのニュース 土曜日・日曜日 午後5時30分
TOSニュース 月曜日~日曜日 午後8時54分
NEWS ZERO 月曜日~木曜日
金曜日 午後11時00分 午後11時30分