TOSニュース

日田彦山線 鉄道での復旧を

2019年08月13日 19:00更新
 おととしの豪雨で被災したJR日田彦山線の復旧について日田市を含む沿線の3つの市町村はきょうJR側が求める費用負担をせずに鉄道での復旧を求めていく方針を確認しました。

 おととしの豪雨で被災した日田彦山線。JR九州は鉄道のほかバスでの復旧案を示していて鉄道で復旧する場合、地元の自治体に年間およそ1億6000万円の費用負担を求めています。これを受け、沿線にある日田市と福岡県の東峰村、添田町はそれぞれ住民説明会を開催し復旧方法を議論しています。その住民説明会の開催後初めて沿線自治体のトップが集まり今後の方針などを話し合う会議がきょう東峰村で開かれました。この中で復旧方法については「鉄道が地域の活性化の要となっている」などとして基本的には鉄道での復旧を求めていくことを確認しました。しかしJR側が求める鉄道を維持するための費用は負担しないとしています。原田日田市長「鉄道に戻したいという意見が大半にあるのは間違いないのでそれであればランニング(コスト)は払わない中でJRがきちっとやってくれという意思の確認はした」日田市は今後、改めて住民との意見交換を開いた上で年内にはJR側に市としての考え方を示したいとしています。

過去の記事を検索

日付で検索

検索

テキストで検索

検索

関連情報

お天気コーナー

お天気コーナー 担当:大波多 美奈

TOSニュース番組

NNN ニュースサンデー 日曜日 午前6時15分
FNN TOSスピーク 月曜日~金曜日
土曜日・日曜日 午前11時30分 午前11時50分
ゆ~わくワイド&News 月曜日~金曜日 午後4時50分
FNN TOSみんなのニュース 土曜日・日曜日 午後5時30分
TOSニュース 月曜日~日曜日 午後8時54分
NEWS ZERO 月曜日~木曜日
金曜日 午後11時00分 午後11時30分