TOSニュース

新型コロナ 病院経営も圧迫 大分県

2020年05月22日 19:00更新
 新型コロナウイルスの影響は病院の運営にも及びつつあります。大分市の大分リハビリテーション病院が来月いっぱいで一部の外来を廃止することが分かりました。

 大分市の大分リハビリテーション病院は現在、3種類の外来などを運営しています。しかし新型ウイルスの影響で患者が減少していることなどから7月以降、病院の運営体制を縮小することを決めました。健康診断を行う施設と消化器外来、循環器外来を廃止し整形リハビリテーション外来と入院病棟のみの運営になるということです。一方、大分大学は、きょう医学部附属病院の経営について新型ウイルスの影響が今年度いっぱい続けば20億円の減収になるという試算を発表しました。これは収入全体のおよそ1割にあたるということです。先月以降、外来患者が前の年と比べておよそ16パーセント減っているほか手術を行う対象を救急と重篤な患者に絞ったため入院患者も20パーセントほど少なくなっているということです。

過去の記事を検索

日付で検索

検索

テキストで検索

検索

関連情報

お天気コーナー

お天気コーナー 担当:大波多 美奈

TOSニュース番組

NNN ニュースサンデー 日曜日 午前6時15分
FNN TOS Live News days 月曜日~金曜日
土曜日・日曜日 午前11時30分 午前11時50分
ゆ~わくワイド&News 月曜日~金曜日 午後4時50分
FNN TOS Live News it! 土曜日・日曜日 午後5時30分
TOSニュース 火曜日~日曜日 午後8時54分
news zero 月曜日~木曜日 午後11時00分
金曜日  午後11時30分