TOSニュース

福岡にも緊急事態宣言 県内の各方面から不安の声

2021年01月13日 19:00更新
 新型コロナの感染拡大を受け、政府は、7つの府と県にも緊急事態宣言を出すことを正式に決定しました。隣接する福岡も含まれるため県内でも各方面から不安の声が聞かれました。

 政府は大阪や京都、さらに福岡など7つの府と県を新たに緊急事態宣言の対象地域とすることを正式に決定しました。今回は隣の福岡県も含まれることもあり大分市中心部でも不安の声が聞かれました。

 ◆大分市でのインタビュー「福岡は時々行っていたけど、今は全く行けない。寂しい。遊びに行けないというのが」

 ◆大分市でのインタビュー「経済を回していくということを考えれば、地域を限定されるのもやむを得ないのかなという感じはする。油断はできない、我々も」

 ◆大分市でのインタビュー「逆に出してくれてありがたいかもしれない」一方、大分市中心部の商店街では対象地域に大分が含まれないものの消費者の不安が高まり更に厳しい状況になるのではと懸念していました。

 ◆商店街の人「ニュースを見てからすぐに心理的にかなり緊張感が高まっている」「人の出、街を歩く人の量にはきっと影響が出てくるんじゃないかと思って心配している」高速バスを共同運行する大分バスでは利用者の減少を受け大分ー福岡間の便数を先月以降、1日32往復から24往復に減らしていて先月の利用者数は、前年と比べおよそ6割減っているということです。福岡も緊急事態宣言の対象に含まれることで更に厳しい状況になると話しています。

 ◆大分バス乗合課倉本佳明さん「今もコロナの状況で利用者が減になっているという形なんですが、更に利用客の減が拡大する可能性が高いかなという風には考えている」「これ以上、利用者が減っていくとどうしても便数とかの関係も考えていかないといけないかなと思っている」観光地にも不安が広がっています。厳しい状況が続いている別府市の海地獄。きょうも来場者の姿はまばらでした。福岡県から来たという男性も…。

 ◆福岡から来た人「(宣言発令の)日程がまだ出てなったので今日来たがもし出ていたら少し考え直したかなとも思う」海地獄ではおとといまでの3連休、来場者は例年の2割ほどに落ち込みました。新型コロナの感染拡大以降は福岡県からの客が全体の半数近くを占めていて今回の緊急事態宣言でさらに客足が遠のくことが予想されます。

 ◆海地獄千壽智明代表「良い条件でないのは間違いないが、1度経験していることなので我々なりに得た経験値を活かしながらしっかり乗り切っていきたい」

過去の記事を検索

日付で検索

検索

テキストで検索

検索

関連情報

お天気コーナー

お天気コーナー 担当:大波多 美奈

TOSニュース番組

NNN ニュースサンデー 日曜日 午前6時15分
FNN TOS Live News days 月曜日~金曜日 午前11時30分
土曜日・日曜日 午前11時50分
ゆ~わくワイド&News 月曜日~金曜日 午後4時45分
FNN TOS Live News イット! 土曜日・日曜日 午後5時30分
TOSニュース 火曜日~日曜日 午後8時54分
news zero 月曜日~木曜日 午後11時00分
金曜日  午後11時30分