2015年2月10日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

先生 料理教室シュガーズキッチン 園田 寿さん
    (大分市羽屋)

メニュー バレンタインデー★ラムボール
20150210-2

材料 2人分
スポンジ 100g
チョコレート 50g
生クリーム 30g
ラム酒(コーヒーでも可) 大さじ1.5
クルミ・ドライフルーツ お好みで
ココアパウダー 適量
20150210-1

作り方
① スポンジをフードプロセッサーにかける
② ①のスポンジをボウルに入れ生クリーム・ラム酒を入れ軽く混ぜる
③ 細かく刻んだチョコレートを入れ混ぜる
④ クルミ・ドライフルーツをお好みで入れ混ぜる(クルミは炒って、ドライフルーツはお湯で戻す)
⑤ 丸めてココアパウダーをまぶしたら完成

ひとこと
お酒の苦手な方はラム酒の代わりに濃いコーヒーでもおいしいです。完成したラムボールは冷凍庫で保存できます!

2015年2月4日水曜日放送

ゆ~わくEYES 「間違いない!」 あったか~い鍋焼きうどん

本日ご紹介したお店は以下の通りです。

おかめうどん
大分市東浜2丁目6−16
TEL: 097-551-5888
鍋焼うどん 800円(税込)

元禄うどん
大分市日吉町17-35
TEL: 097-556-0704
鍋焼うどん 880円(税込)

大資うどん
大分市大字小池原1011-1
TEL: 097-558-7162
鍋焼うどん 720円(税込)

2015年2月3日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

先生 オステリアブーチョ 菅 恵美子さん
(大分市府内五番街)

メニュー 菜の花のパスタとイチゴのフレッシュジュース
20150203-1

20150203-2

材料 2人分
〈菜の花のパスタ〉
菜の花 100g
ジャガイモ 80g
いろんなパスタ 160g
塩 少々
オリーブの実 8個
ケッパー 少々
オリーブオイル 適量
チーズ 適量
〈イチゴのフレッシュジュース〉
イチゴ 300g
ハチミツ 大さじ1
オリーブオイル 適量
ミント 適量

作り方 菜の花のパスタ
① いろんなパスタを折って同じ大きさにする
② 時間がかかるパスタから茹で始める
③ パスタに芯が残っているうちにザルにあげる
④ 菜の花は1センチに切り茎とつぼみ部分に分ける
⑤ ジャガイモは1センチ角のサイコロ状に切る
⑥ カットしたジャガイモをひたひたの水に塩を入れ煮込む
⑦ ジャガイモに火が通ったら菜の花の茎を入れクタクタになるまで煮込む
⑧ 湯切りしたパスタと菜の花のつぼみを入れる
⑨ オリーブの実・ケッパーを入れ味をなじませる
⑩ 塩で味を調えてオリーブオイルを加える
⑪ チーズをかけて完成

作り方 イチゴのフレッシュジュース
① イチゴ・ハチミツ・ミント・オリーブオイルをミキサーにかける
② ミントを添えて完成

2015年1月27日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

先生 hasama house挟間 一雄さん
    (大分市大在北2-1-1)

メニュー 洋風!春のだんご汁
だんご汁

材料 2人分
〈チャーシュー〉
豚バラ 200g
しょうゆ 70g
酒 70g
サラダ油 少々
〈スープ〉
鶏ガラスープ 300g
里芋 大2個
大根 10センチ
フキノトウ 1個
大根葉 少々
小ネギ 少々
こしょう 少々
オリーブオイル 適量
〈だんご〉
強力粉 100g
水 50~60g
塩 1つまみ
だんご汁材料

作り方
① フライパンで豚バラに焼き色を付ける
② 出て来た脂をペーパーで取る
③ フライパンにしょうゆ・酒を入れ煮込む
④ 下ゆでした里芋・大根を鍋に入れ鶏ガラスープで煮込む
⑤ 里芋と大根に火が通ったらハンドミキサーで粗めにかくはんする
⑥ 鍋にチャーシューとだんごを入れ、チャーシューのタレで味を調整する
⑦ 塩茹でしたフキノトウと大根葉を小さく刻んで鍋に入れる
⑧ オリーブオイル・こしょう・小ネギを入れて完成
※だんごの作り方 … 強力粉に水を入れながら練っていき、耳たぶくらいの柔らかさになったら細長く延ばして30分程寝かす。後は伸ばしながら茹でていく。

ひとこと
美味しいです!お子さんがいる家庭はフキノトウの苦みを調節したほうがいいかもしれません。
自家製チャーシューはなんにでも使えそうです。煮込んでタレにつけておけば味がしみ込むそうです!

2015年1月20日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

先生 呑ん気や 信 山下 寿一さん
    (大分市都町1-1-18 第2衛藤ビル1F)

メニュー 照り焼きぶり大根
IMG_4699

材料 2人分
ぶりの切り身
大根
ショウガ
大根葉
サラダ油

濃口しょうゆ
砂糖
IMG_4702

作り方

①大根の下準備をする。
 (皮をむいて面取り・角を薄くそいでおくと煮崩れが防げます)
 隠し包丁を入れ水から柔らかく煮る。20分くらい煮て、竹串がするする通るくらい柔らかく煮ておくと
 味が浸み込みやすい。

②ショウガは千切りにし、水に漬けてアク抜きする。

③ブリの下準備「霜降り」をする。
 表面が白くなるように熱湯に通したあと冷水で冷ます。表面のぬめりとウロコ、アクを取り除く。
 これらの作業を「霜降り」と言います。身がふっくら仕上がり、生臭さを取り除くことで味付けした時に
 差が出ます。

④ブリの水気をふいて、片栗粉を薄くつける。片栗粉がブリの水分を保ってくれるのと、
照りがすぐつくようになる。

⑤ブリと大根をフライパンで焼く
 フライパンには油を薄く引き、焼き目がつくくらい両面を焼く。

⑥割しょうゆを作る。
 お酒を沸騰させ、アルコールを飛ばすことを「煮きる」といいます。
 (煮きることでアルコールのえぐみがなくなる)
 煮きり酒5・濃口しょうゆ1・砂糖1の割合で混ぜておく。

⑦ブリと大根に焼き目がついたら、弱火から中火の間にし、半分くらい火が通ったら割しょうゆを入れて仕上げる。

⑧仕上がった大根・ブリの上にショウガを乗せ、今回は茹でた大根葉を添えて、最後に少し煮汁をかけて完成。

ポイント
① ぶりの下準備「霜降り」
② 割しょうゆに「煮きり酒」を使う
③ 料亭風盛り付け