2021年8月30日月曜日放送

噂のトモちゃんねる

今回のテーマは「DIY」!

「ゆ~わくワイド」と不動産販売の「ベツダイ」のコラボ企画『春日浦リフォーム』‥「寝室編」!!
パレットを使ったベッド作りや襖(ふすま)リメイク、フロアタイルの張り替えなど、今回もプロの技とアイディア盛りだくさん☆

本当は今回の放送で最終回だった『春日浦リフォーム』‥急遽もう1回!放送する事が決定しました!!
『春日浦リフォーム 特別編』は9月27日(月)放送予定です。
お楽しみに!!

より詳細にDIYクリエイターのテクニックを知りたいという方のために、「噂のトモちゃんねる『春日浦リフォーム』」の動画・ディレクターズカット版をYouTubeにアップしています!
今回のTV版のVTRは9分なんですが、YouTube版は‥なんと19分もあるんです(喜)!
DIYクリエイターとゆ~わくメンバーで楽しく分かりやすくDIYの“技”をお届け。
是非 チャンネル登録お願いします♡

「噂のトモちゃんねる『春日浦リフォーム』」YouTube公式チャンネルはコチラ 

 ↓↓↓

「噂のトモちゃんねる『春日浦リフォーム第⑥弾』寝室編」

「ベツダイの賃貸」ホームページはコチラ!
 ↓↓↓
BETSUDAI

2021年8月23日月曜日放送

「18市町村コレしとけ!」

ゆ~わくジャーニー特別ver.「18市町村コレしとけ!」

その地域に行ったら『まずコレをしておくといいですよ(見る・食べる・体験する)』という、地域の「コレしとけ」を調査する企画‥今回は「津久見市」を巡ってきました!

津久見市の「コレしとけ!」『 セメントを食べとけ! 』

「里の駅 つくみマルシェ」

「セメントソフト」

津久見市の地場産業の石灰石セメント産業をモチーフにした県内でもユニークなソフトクリーム。ひまわりの種の香りがかすかに漂う、ちょっと変わりダネのソフトクリームなんですよ~。
実はその他にもセメントソフトをベースに誕生したソフトクリームがあるんです!
それが‥
「砂利ソフト」

味はもちろん、ジャリジャリとした食感も◎

そして、もう一つの「食べられるセメント」を販売しているのが‥



「広戸菓子舗」

「セメント饅頭」

セメント饅頭の餡の色は「ごま餡」で表現されているんですが、津久見市には「胡麻柄山(ごまがらやま)」という石灰石を採掘する山があり、その「胡麻柄山」の胡麻にちなんで、ゴマ餡を使用しているんだそうです!

セメントソフトに砂利ソフト、「太平洋セメント」のセメント袋がモチーフになっていてパッケージも楽しいセメント饅頭‥と、聞いてビックリ!食べておいしい♪津久見の新名物でした☆

2021年8月16日月曜日放送

「18市町村コレしとけ!」

ゆ~わくジャーニー特別ver.「18市町村コレしとけ!」

その地域に行ったら『まずコレをしておくといいですよ(見る・食べる・体験する)』という、地域の「コレしとけ」を調査する企画‥今回は「竹田市」を巡ってきました!

竹田市の「コレしとけ!」①『 日本古来の業‥刀鍛冶を体験しとけ! 』

「興梠房興 日本刀鍛錬場」

ここは阿蘇神社に伝わる幻の名刀「蛍丸」を復元された刀匠「興梠 房興(こおろき ふさおき)」さんの日本刀鍛錬場。
県内で日本刀を作っているのは、興梠さんと大分市の新名さんのお二人だけなんだそうです。
シンプルな形をしている日本刀ですが、様々な工程を経て完成する日本刀。
今回体験したのは「鍛造(たんぞう)」でしたが、その外にも刀に名前を刻む「銘切り(めいきり)」という工程や日本刀を持っての写真撮影なども行えます。

日本古来の業、刀鍛冶を体験してみてはいかがでしょうか?




竹田市の「コレしとけ!」②『 1本丸ごとかぶりついとけ! 』

竹田市で『一本まるごとかぶりつく』料理といえば‥丸福のからあげ!
昭和40年ごろに誕生した、大衆食堂の「丸福」のからあげは、塩・コショウ・そして卵が入った特製タレに浸け、一本そのままを豪快に揚げたもの。
その一本揚げには ジューシーな「もも」と、ボリューミーな「はね」の2種類があります。

創業当時から変わらない製法で、50年以上竹田市民に愛され続けている「丸福のから揚げ」。
竹田市内に5店舗、大分市内ではトキハ本店・アミュプラザおおいたでも購入できます。
地元の方々はもちろん、みんなが笑顔になるおいしいからあげを是非堪能してみてください!

2021年7月19日月曜日放送

「18市町村コレしとけ!」

ゆ~わくジャーニー特別ver.「18市町村コレしとけ!」

その地域に行ったら『まずコレをしておくといいですよ(見る・食べる・体験する)』という、地域の「コレしとけ」を調査する企画‥
今回は「別府市」の『美食』を巡ってきました!

別府市の「コレしとけ!」①『 多国籍料理を食べとけ! 』
別府には、イタリアンやフランス料理をはじめ、中華、韓国料理、インド、スリランカ、ネパール、ベトナム、タイといった東南アジアの料理店など、数多くの多国籍料理のお店があり、留学で別府にきている学生さんたちに母国の味を食べてもらいたいという思いからオープンしたお店も多数あるそうですよ。

☆カレーの王国 ユーシャ

住所:別府市若草町9-26
電話番号:0977-23-5532
定休日:月曜日

・バングラデシュの家庭料理『ビリヤニ』

チキン、スパイスを「バスマティ」というお米で炊きこむ「炊き込みご飯」。
インド、バングラデシュをはじめとした周辺国で食べられ、スペインのパエリア・日本の松茸ご飯と並び、世界三大炊き込みご飯の一つと言われているそうです。
「カレーの王国ユーシャ」では、イスラム教徒の方々が安心して食べられるようにと、イスラム教徒専用の食材「ハラルフード」を扱うお店とレストランが併設されています。

☆タイ料理 ルアンマイ

住所:別府市石垣東10-2-42 2F
電話番号:0977-85-8722
定休日:月曜日

・タイ料理『白身魚の唐揚げ』

・タイ料理『黒コショウの炒め物』

「ルアンマイ」は、本場タイの方々からも絶賛される本格タイ料理。
タイ人の料理人が作る、本場の味が食べられる数少ないお店なんです!
留学生だけでなく、多くの日本人からも愛されている「ルアンマイ」にタイのおふくろの味を求めて、訪れてみてはいかがですか?




別府市の「コレしとけ!」②『 温泉を食べとけ! 』


住所:別府市鉄輪風呂本5組
電話番号:0977-85-7775
定休日:火曜日・水曜日・木曜日・第2日曜日

専用の土鍋「チーコー」を使い、一切水を入れずに蒸気で作る『チーコー料理』は、中国雲南省の料理。

蒸士茶楼(むしちゃろう)では「チーコー」に食材を入れ、温泉の蒸気をそのまま利用しているので、温泉の蒸気が鍋の中で水分となり、スープへと生まれ変わるそうなんです。
別府の温泉の蒸気を利用した蒸し料理をメインに、食材を50℃のお湯で洗う「50℃洗い」と「低温スチーム」調理により、これまでにない蒸し料理を提供している「蒸士茶楼」では、その他、温泉成分が入ったタレなどでも調理していて、全ての料理において「温泉を食べる」コース料理になっています!

みなさんも、シェフの前田さんがこだわり抜いた「蒸し料理」堪能してみてくださいね。

2021年7月12日月曜日放送

「18市町村コレしとけ!」

ゆ~わくジャーニー特別ver.「18市町村コレしとけ!」

その地域に行ったら『まずコレをしておくといいですよ(見る・食べる・体験する)』という、地域の「コレしとけ」を調査する企画‥
今回は「由布市」を巡ってきました!

由布市の「コレしとけ!」①『 東洋のチロルに行っとけ! 』
由布川峡谷は、別府市と由布市にまたがる、全長12㎞の峡谷。
水の浸食によって作り出された滑らかな岩肌が、苔むす幻想的な光景を生み出しています。
胴付や長靴などの装備を整えて峡谷の奥に行くと、両岸に大きな岩が挟まった「チョックストーン」も見ることができるんです!


これからの季節、涼をもとめてお出かけしてみませんか?
☆由布川峡谷(ゆふがわきょうこく)
住所:由布市挾間町朴木
電話:097-583-1552(はさま由布川峡谷観光協会) 

由布市の「コレしとけ!」②『 挾間の温泉に入っとけ! 』
「はさま温泉郷」のお湯はアルカリ性単純温泉‥いわゆる『美人の湯』!
さらに11月末まで「はさま温泉郷」の四施設ではスタンプラリーが開催されて、パンフレットの裏のスタンプを集めていっぱいになると、おまけで一回無料で温泉に入れますよ♪
観光した帰りや、いつもとは違うのどかな風景に囲まれて、心まで温まる温泉にのんびり入る‥オススメです!