2021年10月19日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

10月のゆ〜わくクッキングは、大分の空の下で「おおぞらクッキング」を紹介!
先生は オステリア ブーチョ オーナーシェフ 菅 恵美子さん

メニュー
「豚オリーブオイル煮の重ね焼き」

★材料★(2人分)
◉豚ももブロック 250~300g ◉タマネギ 1/2 ◉ニンジン 30g ◉セロリ 1/2本 ◉ニンニク 1片 ◉ローリエ 1枚 ◉オリーブオイル(炒め用) 大さじ1 ◉塩 3g ◉水 500ml ◉アンチョビ 10g ◉オリーブオイル(煮る用) 50ml ◉黒コショウ 少々 ◉ナツメグ 少々 ◉パン粉 15g ◉パルミジャーノ・レッジャーノ 10g ◉バジル 4~5枚

◆作り方
①香味野菜を切る。
タマネギは繊維を断つように、ニンジンは1cm幅の輪切り、ニンニクは横半分に切る。セロリは叩いて潰す。
②鍋にオリーブオイルを熱し、①を加え、塩をふり野菜の香りを出すように炒める。
③ローリエ・水・アンチョビを加えて沸騰させる。
④沸騰したら、豚ももブロックを入れる。
※この時、水が少なければ肉が浸る程度にしてあげてください。
⑤オリーブオイル50ml・黒コショウ・ナツメグをして蓋をし、弱火で1時間〜1時間半程煮る。
※豚肉が柔らかくなるのが目安です。
⑥煮たら煮汁ごと冷まして、できれば一晩置く。
⑦一晩置いたら、煮汁から肉と野菜を取り出す。
⑧煮汁を200ml使うのでその程度まで煮詰める。
⑨煮詰めたら、パン粉を加え濃度をつけ、パルミジャーノ・レッジャーノ7gを加え混ぜればソースの完成。
⑩取り出した肉は繊維を断つように薄くスライスする。
⑪スキレットや耐熱容器に肉を1/3並べ、バジルをちぎってのせ、ソースをかける。
※これをあと2回繰り返し重ねる。
⑫パルミジャーノ・レッジャーノ3gをかけて、トースターで焼き色がつくまで焼く。

2021年10月12日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

10月のゆ〜わくクッキングは、大分の空の下で「おおぞらクッキング」を紹介!
先生 日本料理 料理人 山下 寿一 さん

メニュー
「秋香る具沢山炊き込みご飯」

★材料★(2合分)
◉栗 7個 ◉ニンジン 50g ◉ゴボウ 70g ◉シメジ 100g ◉油あげ 2枚 ◉米 2合 ◉割合だし 450ml
(割合だし)
◉かつお出汁 14~15杯 ◉濃口しょう油 1杯 ◉みりん 1杯 ◉塩 1つまみ

◆作り方
①栗は下茹でする。
鍋に水・塩1つまみ(分量外)・栗を入れ水から茹でる。
沸騰してから10分程茹で冷めたら皮をむく。
②米は洗って10分程浸水させる。
10分たったら水を切り土鍋に入れる。
③ニンジンは細切り・ゴボウは細目の笹掻きにし水にさらしてアクを取る。
シメジは石づきを取り、半分の長さに切りほぐす。
油あげは2枚におろし食べやすい大きさに切る。
④割合だしをボウルで作る。
※小さめのおたまを使います。
かつお出汁15:濃口しょう油1:みりん1:塩1つまみ
⑤土鍋に作った割合だしを400ml~450ml入れる。
※炊飯器の場合は炊飯器の表示通りに割合だしを入れて下さい。
⑥具材を全て加える。
⑦蓋をして強火にかけ沸騰したら弱火〜中火にして15〜17分加熱する。
⑧火を止め10分そのまま蒸らす。

2021年10月5日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

10月のゆ〜わくクッキングは「~大分の空の下で~おおぞらクッキング!」を紹介!
先生 シュガーズキッチン 料理家 園田 寿さん

メニュー
「豚スペアリブのジューシー梨焼肉ダレ グリル」

★材料★(2人分)
◉豚スペアリブ 500g ◉酒 大さじ2 ◉白ネギの青い部分 2本 ◉ショウガ スライス5枚 ◉カボチャ スライス4枚 ◉サツマイモ 1/3本 ◉ナス 1/3本 ◉ミディトマト 2個
(梨の焼肉ダレ)
◉梨 1/2個 ◉濃口しょう油 大さじ3 ◉酒 大さじ1 ◉砂糖 大さじ1 ◉ごま油 大さじ1 ◉白すりごま 小さじ2 ◉ニンニク 1片 ◉ショウガ 1片 ◉白ネギ 5~10cm ◉韓国粉唐辛子(粗挽き) 少々

◆作り方
①鍋に豚スペアリブを入れ水をかぶる程度加え、酒・白ネギの青い部分・ショウガスライスを加え茹でる。
沸騰したら弱火にして10~15分茹でる。
②茹でてる間に梨の焼肉ダレを作る。
白ネギ(みじん切り)・梨(皮をむきおろす)・ニンニクとショウガ(おろす)をボウルに入れ、残りの調味料(濃口しょう油・酒・砂糖・ごま油・白すりごま・粉唐辛子)を加えよく混ぜる。
※一晩置くと味が馴染んでさらに美味しくなります。
③茹でたスペアリブをバットに取り出しフォークで数カ所穴をあけ、②をかけて途中返しながら30分程漬け込む。
④カボチャ・サツマイモ・ナスは薄切り、ミディトマトは横半分に切る。
⑤グリルパン(フライパン)に薄く油を塗り④を焼き、一旦取り出す。
⑥グリルパンに薄く油を塗り、漬け込んだスペアリブを焼く。
焼きあがったら焼いた野菜も盛り、梨の焼肉ダレをかける。

2021年9月28日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

9月のゆ〜わくクッキングは、大分の空の下で「おおぞらクッキング」を紹介!
先生 日本料理 料理人 山下 寿一 さん

メニュー
「ピーマンの味噌炒め寿司ロール」

★材料★(2人分)
◉ピーマン 6個 ◉卵 2個 ◉カニ風味かまぼこ 3本 ◉マヨネーズ 適量 ◉ご飯 2合分 ◉焼き海苔 3枚 ◉サラダ油 大さじ1
(合わせ味噌)
◉白味噌 100g ◉砂糖 80g ◉酒 少々 ◉みりん 少々
(寿司酢)※米1升分の分量です
◉酢 200cc ◉砂糖 130g ◉塩 20g

◆作り方
①合わせ味噌を作る。
フライパンに合わせ味噌の材料を全て加え、良く混ぜてから火にかける。
砂糖が溶け味噌がフツフツとするまで火を入れる。
②寿司酢を作る。
鍋に寿司酢の材料を全て加え、沸騰させる。
砂糖・塩が溶ければ完成。
※米1升分の分量ですので今回はこの2/10、大体50~60mlを使います。
③寿司飯(酢飯)を作る。
炊きたてのご飯に作った寿司酢を加え、切るように混ぜ冷ます。
④ピーマンの味噌炒めを作る。
ピーマンは縦に切って種を取り、横向きに5mm幅にスライスする。
フライパンにサラダ油を熱し、ピーマンを軽く炒め、合わせ味噌大さじ2程度を加え炒める
④寿司ロールを作る。
巻き簾の上に海苔を置き、③の1/3量を全体に広げる。
ピーマンの味噌炒め1/3の汁気を絞り、ご飯の手前の方に広げる。
いり卵・カニ風味かまぼこを置き、マヨネーズをその上に置き巻き簾で巻く。
※同様に後2本作ります。

2021年9月21日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

9月のゆ〜わくクッキングは、大分の空の下で「おおぞらクッキング」を紹介!
先生は オステリア ブーチョ オーナーシェフ 菅 恵美子さん

メニュー
「ネギだくボロネーゼ丼」

★材料★(2人分)
◉青ネギ 1束 ◉合挽き肉 100g ◉セロリ 15g ◉ニンジン 15g ◉ニンニク 1片 ◉オリーブオイル 適量 ◉赤ワイン 50ml ◉塩(野菜用) 1つまみ ◉塩(肉用) 1つまみ ◉ホールトマト 200g ◉蜂蜜 小さじ1 ◉ローリエ 1枚 ◉ナツメグ 少々 ◉黒コショウ 少々 ◉ピザ用チーズ 適量 ◉ご飯 300g

◆作り方
①ネギは小口切りにし根元から半分程 (白っぽい部分)はボロネーゼ用に、上部の青い部分はトッピングに使うので分けておく。
②ニンニク1/3・ニンジン・セロリはみじん切りにする。
ニンニク2/3はスライス(ニンニクオイル用)にする。
③フライパンにオリーブオイルを熱し、ネギの白っぽい部分・みじん切りにしたセロリ・ニンジン・ニンニク・塩をして炒める。
炒めたら、フライパンの端に避ける。
④合挽き肉(粗挽きがおすすめ!)を避けた所に加え、塩・ナツメグ・黒コショウをふり、あまり触らずに肉に焼き色がついたら返してまた焼き色をつける。
⑤赤ワインを加えアルコールを飛ばす。
⑥水分がなくなってきたらホールトマトを加え潰す。
⑦蜂蜜・ローリエを加え煮汁がなくなるまで煮込めばボロネーゼの完成。
⑧別のフライパンでニンニクオイルを作る。
スライスしたニンニク・オリーブオイルを加え、弱火で熱していく。
ニンニクがきつね色になれば完成。
⑨器にご飯を入れ、その上にピザ用チーズ・ボロネーゼ・トッピング用の青ネギ、最後に熱いニンニクオイルをかける。