2019年1月8日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

1月は「お餅アレンジレシピ」!今回はイタリアン!

先生 菅 恵美子さん(エミコの野菜食堂 大分市府内町)

メニュー
「お餅とゴルゴンゾーラのニョッキ風」

★材料・分量
(2人分)
◉餅 4個◉玉ねぎ(みじん切り) 60g◉白ワイン 20cc◉生クリーム(動物性) 200cc◉ゴルゴンゾーラチーズ 60g◉塩 1つまみ◉粒黒コショウ 10粒◉ブロッコリー 100g◉オリーブオイル 適量◉パルミジャーノチーズ 適量

◆作り方 
①お餅を1人2個くらいを目安に、食べやすい大きさに切ってクッキングシートに乗せ、オーブンで焼いておく。
沸騰したお湯に1%の塩を入れ、ブロッコリーをしっかり茹でて甘みを出したら水に取らずそのまま冷ます。

②オリーブオイルでタマネギを中火で炒め、塩を1つまみ加える。
※ソースなのでタマネギはみじん切り!
③しんなりするまで炒めたら、白ワインを入れアルコールをしっかり飛ばし、
生クリーム・ゴルゴンゾーラチーズを入れる。
※青カビタイプのブルーチーズが苦手な方は、お好きなチーズを入れてください
④ブルーチーズをほぐしながらソースになるように煮詰め、グツグツなってきたらソースの完成!

⑤耐熱皿に焼いたお餅とブロッコリーを並べソースをかけ、包丁で刻んだ粒タイプの黒コショウ、パルミジャーノチーズをかける。
⑥220℃のオーブンもしくはトースターで焼き色がつくまで焼いたら完成!

◆ポイント
①ブロッコリーの茹で方です。
シャキッと茹でる日本とは違って塩水でしっかり茹でます!
甘みが出て美味しいです♪

②簡単ソースです。
玉ねぎしんなり炒めて、白ワイン、生クリームとゴルゴンゾーラを煮詰めるだけです!
すごく簡単ですごく美味しいソースができます♪

2018年12月25日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

12月は「パーティーにもおせちにもおすすめの一品」!

先生 岩本 真実(まさみ)さん(Re”ドリフターズ キッチン 大分市府内町)

メニュー
「フライパンで作るローストポーク」

★材料・分量(2人分)
(ローストポーク)
◉豚肩ロースブロック 250g◉ニンニク 1片◉ローズマリー 適量◉無塩バター 20g◉オリーブオイル 小さじ2◉ミント 適量◉水 肉が浸かる程度◉塩 少々◉黒コショウ 少々

(簡単ソース)
◉無塩バター 10g◉濃口醤油(甘口) 大さじ1と1/2◉わさび 小さじ1

◆作り方
(ローストポーク)
①豚肩ロースブロックを前の晩からミント水につけ、冷蔵庫で保存しておく。
②焼く3時間前に冷蔵庫から出し常温に戻しておく。
③ペーパーで水気を取り、フォークで穴をあける。
④フライパンにオリーブオイルを馴染む程度に入れ、バター・縦に半分に切ったニンニク・ローズマリーを入れ、弱火で加熱していく。
⑤バターが溶けてきたら、豚肉を入れて弱火でじっくり全面焼く(大体10分程度)。
⑥肉が焼けたらホイルに包む。
※焼いた時間くらい置いておく。

(簡単ソース)
①お肉を焼いたフライパンの油をさっとふき、濃口醤油・わさびを入れて溶く。
②醤油が沸騰してきたら火を止め、バターを入れてフライパンを揺すりながらバターを溶かせばソースの完成!

(フライパンで作るローストポーク)
ローストポークを斜めに切り、ソースをかけ、塩・コショウをふったら完成!

◆ポイント
①豚肉の焼き方です。
常温に戻して低温でゆっくりと焼き、焼いた時間と同じくらいホイルに包んで休ませるとしっとりとした肉に仕上がります♪

②ソースです。
わさびと甘口の醤油を使って沸騰したら火を止め、バターを余熱で溶かして仕上げます♪

2018年12月18日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

12月は「パーティーにもおせちにもおすすめの一品」!今回は中華!

先生 三宅 慎吉 さん(チャイナムーン 大分市椎迫)

メニュー
「ごま団子」

★材料・分量(ごま団子15個分)
(生地)
◉白玉粉 150g◉砂糖 60g◉水 100g◉ラード 30g◉片栗粉 30g◉熱湯 20g◉いりごま(白・黒) 適量◉揚げ油 適量

(簡単ごま餡)
◉こし餡 140g◉ごま油 5g

◆作り方
(簡単ごま餡)
①市販のこし餡にごま油を少々入れ、箸で混ぜる。
②ラップをせず電子レンジ600wで1分程加熱し水分を飛ばす。
③粗熱をとり、冷蔵庫で冷やして8gずつに丸めておく。

(生地)
①白玉粉・砂糖・水を入れて混ぜる。
②よく混ぜ、ツヤが出てできたらラードを入れる。
③別のボウルで片栗粉と熱湯小さじ4を加えて箸で軽く混ぜてから練り、②に入れ、よく混ぜる。

(ごま団子)
①生地を15等分、1つ25gにして丸め、同じ厚さに直径6cm程度に広げて餡を中に入れて包む。
②団子を水にくぐらせゴマをまぶす。
③団子をざるなどに入れ、浮かせた状態で160℃の油で揚げていく(4分程)。
※ざるに入れずそのまま入れると団子がなべ底にくっつきます。
④ごま団子が浮いてきたら、更に2分程軽く転がしながら揚げると完成!

◆ポイント
①ふわもちっとした生地です。
白玉粉・砂糖・水にラードを加えてふわっと感を、それから粘りとつなぎの為に片栗粉を熱湯で練ったものを入れてもちもち感を出します♪

②簡単ごま餡です。
市販の餡にごま油を香り付け程度入れ、よく混ぜます。
更に電子レンジで加熱し水分を少し飛ばすと丸めやすく風味の良い餡になります♪

2018年12月11日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

12月は「パーティーにもおせちにもおすすめの一品」!

先生 園田 寿さん(シュガーズキッチン 大分市羽屋)

メニュー
「生ハムポテトパイ」
 

★材料・分量 (パイ4個分)
◉冷凍パイシート(長方形)2枚◉生ハム 4枚◉スライスチーズ 1枚◉ジャガイモ 200g◉牛乳 30cc~50cc◉塩 少々◉白コショウ 少々◉卵 1個◉バルサミコ酢 50cc

◆作り方
(バルサミコ酢ソース)
①バルサミコ酢を中火で煮詰めていく。※焦げないように混ぜます。
②とろみがつき、ヘラで鍋をなぞって、鍋の底が見えてくればOKです。

(マッシュポテト)
①ジャガイモをやわらかく茹でて水気を切り、裏ごし器を使って裏ごしする。
②こして滑らかになったら、牛乳を少しずつ加えて混ぜて滑らかにし、塩・白コショウをして、口金を入れた絞り袋に入れておく。

(生ハムポテトパイ)
①パイシートを冷蔵庫で解凍しておく。(長方形であれば二等分の正方形に切る)※大体9cm×9cmくらい
②パイシートの一対にだけ内側1cmの所に切り込みを入れ、内側に交差させ箱状にする。
 
③パイシートの中に生ハム・スライスチーズ四等分(正方形に四等分)したものを1枚置き、マッシュポテトを絞り出し、15分程寝かせる。
④15分程寝かせたら、オーブンシートにのせて溶き卵を表面全体に(ポテトの上にも)塗る。
⑤190℃に予熱したオーブンで15~20分程焼く。
⑥バルサミコ酢ソースを添えて完成!

◆ポイント
①滑らかなマッシュポテトです。
茹でたジャガイモを裏ごしして牛乳と合わせると、滑らかになって絞り袋でデコレーションできるのでオシャレに仕上げることができます♪

②パイの包み方です。
切り込みを入れて箱状にするパン屋さんでもよくする技法です。
覚えておくといろんなパイがオシャレに作れます♪

2018年12月4日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

12月は「パーティーにもおせちにもおすすめの一品」!今回はイタリアン!

先生 菅 恵美子さん(オステリア ブーチョ 大分市府内町)

メニュー
「手作りリコッタチーズのラビオリスイーツ」

★材料・分量
(ラビオリ約10個分)
(ラビオリ生地)
◉薄力粉 250g◉ココアパウダー 大さじ1◉グラニュー糖 大さじ2と1/2◉塩 1つまみ◉ラード 50g◉卵 1個◉赤ワイン(甘口) 大さじ2◉白ワインビネガー 小さじ1◉揚げ油 適量◉粉砂糖 少々◉はちみつ 少々

(リコッターチーズ)
◉牛乳(乳脂肪分多め) 400cc◉生クリーム(動物性) 50cc◉白ワインビネガー 大さじ1と1/2◉カボス果汁 大さじ1と1/2◉グラニュー糖 大さじ1◉カボスの皮 少々

◆作り方
(リコッターチーズ)
①鍋に牛乳・生クリーム・白ワインビネガー・カボス果汁を入れて40℃くらいで加熱する。※カボス果汁ではなくレモンでも良い。
②白いモロモロっとしたタンパク質と水分が分離するので、水分が透明になってきたら厚めの破れないキッチンペーパーでこす。
③水分が充分に切れたらグラニュー糖とカボスの皮を混ぜて完成!

(ラビオリ生地)
①薄力粉・ココアパウダー・グラニュー糖・塩をよく混ぜ、ラード・卵・赤ワイン・白ワインビネガーを加えてまとめる。
※こねすぎないように!
②ラップに包んで冷蔵庫で30分冷やす。
③冷やしたらクッキングシートに打ち粉をし、生地を切って麺棒でだいたい2~3mmくらいの厚みにのばしていく。
④のばしたらコップのフチで軽く型をつけて中央にリコッタチーズをのせ、半分に折る。
⑤コップのフチで半月の形に切り取り、中の空気を抜きながらフチを押さえて閉じる。
 
⑥180℃のサラダ油でサクッと揚げ、粉砂糖・はちみつをかけて完成!

◆ポイント
①ラビオリの生地です。
薄力粉・ココアパウダーなどにラードを加えるのがポイント!ラードの効果でフワッとした食感に仕上がります。
生地は発酵とか面倒臭いことしないので手軽に作れます♪

②手作りリコッタチーズです。
牛乳と酢で作ることができます。少し加熱してこすだけ!
今回はカボスを使って美味しさupしています♪