2019年6月11日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

6月は「お酢が決め手!食欲アップレシピ」!今回は和食!
先生 日本料理一筋42年! 先生 山下 寿一(じゅういち)さん

メニュー
「彩り押し寿司」

★材料・分量
◉(酢飯)
◉ご飯 2合分 ◉米酢 40cc ◉砂糖 29g ◉塩 7g ◉うま味調味料 少々 ◉レモンの皮(おろし) 少々

(彩り押し寿司)
◉酢飯 1~2合 ◉サーモン 4切 ◉エビ 2個 ◉ズッキーニ 適量 ◉三つ葉 1/2束 ◉錦糸卵 卵1個分
◉スライスチーズ 1枚 ◉焼き海苔 1枚 ◉甘酢ショウガ(ガリ) ◉レモン果汁(サーモン用) 1/2個

◆作り方
①米酢・砂糖・塩を鍋に入れ沸かし、砂糖と塩をよく溶かしすし酢を作る。
②すし飯用で少しかために炊いた炊きたてのご飯に、熱々のすし酢をまわしかけたら
米粒を潰さないようにすばやく切るように混ぜ、レモンの皮をおろしたものを入れる。
③すし酢がまんべんなく絡めば酢飯の完成、冷まして使用する。
④同じサイズの型を2つ用意し、型にラップを敷き底に具材を斜めに並べる。
・サーモンはレモン果汁で和えておく。
・エビは背腸をとってのし串を打ちまっすぐにし、塩茹でして2枚におろしておく。
エビは表面が下になるように置く。
・ズッキーニはえびの長さに合わせて薄く切り、塩をふってしんなりさせる。
・三つ葉もえびの長さに合わせて切り、軸だけを塩茹でする。
・チーズ・錦糸卵もえびと同じ長さくらいにしておく。
⑤並べ終わったら型の1/3くらい酢飯を入れる。
⑥型に合わせた焼き海苔を敷き、さらに酢飯を型の2/3まで入れる。
⑦最後にもう1つの型を重ねて押す。型から出すと綺麗な彩寿司の出来あがり。
お皿に盛りつけ、ガリ、ショウガの甘酢漬けを添えれば完成!
※ラップをしたままカットすると綺麗に切れます。

◆ポイント
①お酢ビネガーです。
酢飯にももちろん使いますが、
具材にもレモンなどの酢を使うことでさっぱりと仕上げます♪

②こちらも押すプレスです。
具材を下に並べ酢飯を重ねていく手法で押して作るので
カットする時も食べる時も崩れにくいです♪

2019年6月4日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

6月は「お酢が決め手!食欲アップレシピ」!今回はイタリアン!
先生 菅 恵美子さん (エミコの野菜食堂 大分市府内町)

メニュー
「豚肉スカロッピーナ☆バルサミコ酢ソース」

★材料・分量 (2人分)
◉豚ローススライス 6枚(ショウガ焼き用) ◉塩 少々 ◉黒コショウ 少々 ◉薄力粉 適量 ◉オリーブオイル 大さじ1弱
◉無塩バター(焼く用) 10g ◉バルサミコ酢 大さじ2 ◉水 100cc ◉無塩バター(ソース用) 15g ◉インゲン豆 6本

◆作り方
①フライパンにオリーブオイルとバターを入れ、中火にかける。
②バットに薄力粉をふり豚肉を並べ、片面だけ塩・黒コショウをふり、さらに薄力粉をふる。
③バターが溶けてきたら、豚肉を動かさず片面を焼き、肉の周りが白くなってきたら返す。
④バルサミコ酢を肉の上にかけ、水半量も入れて、フライパンを揺すってバルサミコ酢となじませる。
⑤肉は火が入り過ぎないよう取り出し、皿に盛っておく。
⑥フライパンに残りの水・バターを入れ、ソースを仕上げる。
肉にふった薄力粉がトロミに変わったら、ソースのできあがり。
⑦豚肉に塩茹でしたインゲン豆を添えてソースをかけたら完成!

◆ポイント
豚肉に薄力粉をふることです。
肉のうま味を閉じ込めることと肉を焼いたそのフライパンで
ソースに簡単にトロミをつけることができます♪ 

★★★★★★ バルサミコ酢活用コーナー ★★★★★★

「鶏から揚げバルサミコ酢和え」

(鶏から揚げバルサミコ酢和え)
★材料・分量
◉鶏から揚げ 250g ◉赤タマネギ(スライス) 50g ◉ミニトマト(縦半分にカット) 7個 ◉塩 1つまみ
◉バルサミコ酢 大さじ3 ◉オリーブオイル 大さじ2 ◉砂糖 大さじ1(お好みで増減) ◉イタリアンパセリ 適量

◆作り方
①普通の唐揚を準備する。
②ボウルに赤タマネギのスライス(繊維に逆らって切ったもの)、ミニトマト、塩を1つまみ、
バルサミコ酢 大さじ3、砂糖 大さじ1(お好みで増減)をいれ、よく混ぜる。
さらにオリーブオイル 大さじ2 を入れ、混ぜてソース作る。
③そこに唐揚げを食べやすい大きさに切り、入れて和える。
④お皿に盛り、イタリアンパセリを添えれば完成!

(バルサミコ酢ドレッシング)
★材料・分量
◉バルサミコ酢 50cc ◉塩 小さじ1 ◉オリーブオイル 150cc

◆作り方
①バルサミコ酢50cc・塩小さじ1 をよく混ぜ、オリーブオイル150ccを数回に分けて入れ混ぜる。
※ドレッシングボトルでも、ボウルでもペットボトルでも作ることができます。
 野菜、肉、魚などにかけて楽しんで下さい。

2019年5月28日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

5月は「疲れに負けない!スタミナ料理」!
先生  挾間  一雄さん(hasama house 大分市大在北)

メニュー
「納豆とたっぷり野菜のピリ辛スープ」

★材料・分量(2人分)
(坦々スープ)
◉ごま油 大さじ1と1/2 ◉ショウガ(みじん切り) 30g ◉ニンニク(みじん切り) 15g
◉一味唐辛子 小さじ1(お好みで増減) ◉合挽き肉 130g ◉濃口しょう油 大さじ1と1/2
◉砂糖 大さじ1 ◉水 700cc ◉塩 小さじ1弱 ◉卵 1個

(具材)
◉新タマネギ(千切り) 100g ◉ピーマン(細切り) 2個 ◉エノキ 100g ◉シイタケ(千切り) 2個
◉もやし 200g ◉ニラ(長さ5cm) 100g ◉納豆 40g ◉青ネギ 適量 ◉塩 少々 ◉黒コショウ 少々 ◉ごま油 適量

◆作り方
①鍋にごま油を熱し、ショウガとニンニクのみじん切りを入れ、香りをしっかり出す。
※チューブタイプのおろしたものでもかまいません。
②香りが出てきたら一味唐辛子を加えさらに炒める。
③合挽き肉を入れ、塩をして肉のうま味を凝縮させ、火が通るまで炒める。
④炒まったら水を入れ、濃口しょう油・砂糖・塩で味をつけ、
挽き肉などのうま味を出すために5分ほど煮込む。
⑤フライパンにごま油ひき、火の通りにくい具材から炒める。
新タマネギはさっと炒める程度、ピーマンはシャキシャキに炒め、
エノキ・シイタケを炒めたらもやし・ニラは軽く火を通し、塩、黒コショウをする。
⑥鍋のスープに溶き卵をまわし入れる。
⑦⑥を炒めた野菜にかけ、青ネギをかけ、混ぜた納豆を入れれば完成!

◆ポイント
①ピリ辛スープです。
ごま油にしっかりショウガとニンニクの香りを出して一味唐辛子・挽き肉も炒めること。
これでスープの旨味が決まります♪

②納豆です。
納豆は辛い味付けとよく合います。
仕上げに入れてとろみと濃厚さを楽しんでもらいます♪

2019年5月21日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

5月は「疲れに負けない!スタミナ料理」!
先生 園田 寿さん (シュガーズキッチン 大分市羽屋)

メニュー
「アボカドの豚巻き天ぷら」

★主な材料★(2人分)
(アボカドの豚巻き天ぷら)
◉アボカド 1個 ◉梅干し 1~2個 ◉ピザ用チーズ 50g ◉長めの豚バラスライス 6枚 ◉塩 少々
◉黒コショウ 少々 ◉天ぷら粉 適量 ◉水 適量 ◉サラダ油(揚げ用) 適量 ◉レモン 適量

◆作り方
①豚バラ肉の片面に塩・黒コショウをする。
②豚バラ肉の上に、縦に6等分にカットしたアボカドをおく。
※アボカドは皮付きのままカットすると綺麗に切ることができます。
③梅干しの種を取り、たたいてペーストにする。
④アボカドの種を取った窪んだ部分に梅干しのペースト・ピザ用チーズをおく。
※梅干しが苦手な方は、明太子やキムチなどで代用してください。
⑤中身が崩れないよう、チーズとアボカドを包むように豚バラを端からぐるぐる巻く。
⑥天ぷら粉に少しづつ水を加え、通常よりかための衣を作る。
※チーズが溶け出すのを防いでくれます。
⑦アボカドの豚巻きを、肉を巻いた向きに衣にくぐらせ、サラダ油を160℃に熱し揚げる。
⑧天ぷらが揚がったら半分に切り、器に盛りつけてレモンを絞れば完成!

◆ポイント
①長い豚バラ肉を使ってぐるぐる巻くところです。
中の具材が出ないようにする役目もあります♪

②フォトジェニックな断面です。
アボカドの緑・梅干しの赤・チーズの黄色が綺麗に現れます♪

2019年5月14日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

5月は「疲れに負けない!スタミナ料理」!今回はイタリアン!
先生 菅 恵美子さん(エミコの野菜食堂 大分市府内町)

メニュー
「ネギの手作り塩豚巻き」

★材料・分量
(手作り塩豚 500g分)
◉豚バラブロック 500g ◉塩 15g(豚バラの3%) ◉砂糖 7.5g(豚バラの1.5%)

(ネギの手作り塩豚巻き 2本分)
◉手作り塩豚 1/2本 ◉青ネギorチモト1/2束 ◉黒コショウ 少々 ◉レモン果汁 適用

◆作り方
(塩豚)
①豚バラブロックの水分をペーパーで取る。
②食品用保存袋(Lサイズ)に塩(豚肉の3%)・砂糖(豚肉の1.5%)、豚バラブロックを入れまんべんなく揉みこむ。
③空気を抜いて閉じ、冷蔵で1週間ほど漬け込み、1日1回くらい見て、水分が出たらペーパーで水分を取る。
④できた塩豚を縦に長く薄く切り、ラップを被せた上から麺棒で叩いて薄く延ばす。

(ネギの手作り塩豚巻き)
①豚肉の巻き始めを爪楊枝で青ネギに刺し、斜めにぐるぐると細く長く大胆に巻く。
ネギの形に沿って、途中にも爪楊枝を刺しながら取れないように巻く。
※チモトの場合は、根本のふくらみに切り込みを入れる。
②黒コショウをふり、油はひかず豚肉から出る脂で中火で焼く。
※できるだけ大きめのフライパンを使用し、入りきれない場合は丸めて入れ込んでカリカリに焼く。
③長いままお皿に盛り、レモン果汁をかければ完成! ナイフ・フォークで切って食べます。

◆ポイント
①手作りの塩豚です。
豚バラ肉のブロックを塩と砂糖で漬けるだけです。
水分が出たらペーパーで取るくらいで約1週間程で出来上がります♪

②見た目も大事なので細く長くネギなどの形に合わせて巻きます。
こんがり焼くだけで絶品に仕上がります♪