2019年2月5日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

2月は「冬野菜のあったかレシピ」!今回はイタリアン!

先生 菅 恵美子さん(エミコの野菜食堂 大分市府内町)

メニュー
「白菜と焼鮭のぐるぐる巻き」

★材料・分量(2人分)
◉白菜 4枚◉鮭フレーク 70g~100g◉卵黄 2個◉ジャガイモ 2個◉タマネギ 1/2個◉牛乳 500cc
◉塩漬けケッパー 15粒◉オレガノ 少々◉ローリエ 1枚
◉塩 1つまみ◉オリーブオイル 適量 ◉パルミジャーノチーズ 適量

◆作り方
①鍋にオリーブオイルを入れ熱し、スライスしたタマネギを入れる。
※タマネギは繊維に逆らって切る。
②塩を1つまみ入れ、タマネギの水分・旨味を出しながらタマネギのいい香りがするまで炒める。
③白菜を軽く下茹でし、やわらかくして巻きやすくする。
※茹でたら絞らず、水を切ってください!
④縦に2枚 少し重ね置いて、その上に横に2枚 少し重ねて置く。
※こうすると崩れにくいです。
⑤鮭フレークと卵黄を混ぜ、白菜にのせ、手前からしっかりぐるぐる巻いていく。
※鮭フレークがはみ出るので、巻き終わりの方は5cmくらいのせません。
※塩分が気になる方は、減塩の鮭フレークを使ってください。
⑥鍋に入ったタマネギの真ん中を空けて、ぐるぐる巻きを置き、あいてるところにジャガイモを入れる。
⑦ケッパー・オレガノ・ローリエ・牛乳を入れ、落し蓋をして、弱火で20分程煮込む。
※塩漬けのケッパーがない場合は、酢漬けのケッパーと塩をします。
⑧ジャガイモが崩れるくらいまで煮込んだら、ぐるぐる巻きだけを取り出し、
1.5cm~2cmにカットして耐熱皿に盛りつける。
⑨鍋に残った野菜とスープをブレンダーでかくはんすれば、ソースの完成!
※ブレンダーがない場合は潰してください。
※濃かったら牛乳(分量外)を少し足してください。
⑩ぐるぐる巻きにソースをかけ、パルミジャーノチーズをふり、
200℃のオーブンで10分くらい焼き色がつくまで焼いたら、完成!

◆ポイント
①白菜と焼鮭のぐるぐる巻きです。
一度煮ることで、白菜にじっくりと焼鮭の味や調味料が染み込み、
その上にソースをかけて焼くと見栄えも良くなります♪

②ソースです。
白菜・焼鮭と一緒に煮込んだタマネギ・ジャガイモを使うので、
スープに出た白菜・焼鮭の美味しさも、余すことなく食べられます♪

2019年1月29日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

1月は「お餅アレンジレシピ」!

先生 岩本 真実(まさみ)さん
(Re”ドリフターズ キッチン 大分市府内町3-5-17 第1石松ビル204)

メニュー
「ピリ辛肉味噌の餅ピザ」

★材料・分量(2人分)
(餅ピザ)
◉餅 3個◉水 50cc◉サラダ油 大さじ1/2

(ピリ辛肉味噌)
◉合挽き肉 100g◉コチュジャン 大さじ1◉ケチャップ 大さじ1◉一味 お好みで◉塩 1つまみ◉コショウ 少々

(トッピング)
◉青ネギ(小口切り) 適量◉ナス(1cm程の輪切り) 1/2本◉ピザ用チーズ 適量◉ごま油 少々

◆作り方
(餅ピザ)
①お餅を半分に切って、厚みを1/2に薄くスライスする。
※包丁の根元部分を使うと安定して切れます。
②フライパンにサラダ油大さじ1/2をのばし、お餅をすき間なく並べる。
③水を餅にかけながら加え、蓋をして、弱火で2分ほど蒸し焼きにする。
④お餅がやわらかくなったら押しのばして返し、少し焼けば、生地の完成!
※完成したら、クッキングシートに置いておく。

(ピリ辛肉味噌)
①冷たいフライパンに合挽き肉をのせ、肉感を出すために、あまり動かさず弱火でじっくり焼き炒める。
※油をひかなくても肉の脂が出てきます。
②8割ほど火が通ったらボウルに移し、フライパンの肉の脂で、ナスの両面を軽く焼いておく。
③ボウルにコチュジャン・ケチャップ・一味を加えてよく混ぜ、
塩・コショウで味を調えれば、ピリ辛肉味噌の完成!

クッキングシートにのせたお餅の上に焼いたナスを並べ、ピリ辛肉味噌・チーズ・青ネギをのせる。
香りと焼き色を出すためにごま油をかける。
200℃に予熱したオーブンで焼き色がつくまで(10分程度)焼いたら完成!
※お皿に直に置くとお餅がくっつくので、クッキングシートのままが良いです。

◆ポイント
①餅ピザです。
餅を薄くスライスして水を加え、蒸し焼きにする事でモッチモチ食感のピザになります♪

②ピリ辛肉味噌です。
ひき肉をあまり動かさずじっくり焼き炒めると、肉感が出ます。
コチュジャン・ケチャップ・一味と和えるだけで、ご飯にもパスタにも合う、ピリ辛肉味噌の完成です♪

2019年1月22日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

1月は「お餅アレンジレシピ」!今回はスイーツ!

先生  挾間  一雄さん(hasama house 大分市大在北)

メニュー
「お餅のチョコフォンデュ」

★材料・分量(2人分)
(フォンデュソース)
◉チョコレート(ビター) 100g◉生クリーム 200cc◉餅(削る) 50g

(トッピング)
◉ローストクルミ 20g◉ローストアーモンド 10g◉ドライフルーツ10g

(フォンデュする具材)
◉餅 3個◉イチゴ 3個◉バナナ 1本◉キウイ 1個

◆作り方
(フォンデュソース)
①お餅をおろし器かピーラーで削る。
※小さいので削るときに気をつけて下さい!
②ボウルに刻んだチョコレート・生クリームを入れ、湯煎にかけ、ゴムベラで混ぜながら溶かす。
※生クリームは植物性のホイップクリームでも大丈夫です!
③チョコレートが溶けてきたら削ったお餅を入れ、泡だて器で混ぜる。
※お餅は溶けるとトロミがつくので、ここではトロミ付けとして使う!
④お餅が溶けてフォンデュソースがボテボテになったら、火を切って湯煎のまま保温する。

(フォンデュする具材)
①お餅は一口大に切って、焼く。
②イチゴ・バナナ・キウイを食べやすい大きさに切る。
※果物は好きなものを準備してください!

(お餅のチョコフォンデュ)
①お餅、食べやすい大きさに切ったイチゴ・バナナ・キウイを串に刺し、フォンデュソースにつける。
②ローストしたクルミ・アーモンドとドライフルーツを刻んだものをトッピングして、お皿に盛れば完成!
※フォンデュ鍋がある方は、つけながら召し上がってください。

◆ポイント
①フォンデュソースです。
チョコレート・生クリームを湯煎で溶かして、削ったお餅も一緒に入れます。
お餅が溶けてトロミがついて美味しいですよ♪

②ナッツとドライフルーツのトッピングです。
チョコレートにもお餅にも相性抜群!お好きなナッツとドライフルーツで作れます♪

2019年1月15日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

1月は「お餅アレンジレシピ」!今回は和食!

先生 日本料理一筋41年!先生 山下 寿一(じゅういち)さん

メニュー
「揚げ餅のみぞれ餡かけ」

★材料・分量(2人分)
(揚げ餅)
◉餅 3個◉サラダ油(揚げ用) 適量◉青ネギ(千鳥切り) 少々◉もみじおろし 少々◉柚子の皮 少々◉きざみ海苔 少々

(みぞれ餡)*調味料は割合です
◉大根(おろし) 1/4本◉かつお出汁 6杯◉薄口しょう油 1杯◉みりん 1杯強◉出汁溶き片栗粉(かつお出汁2:片栗粉1)

◆作り方
(揚げ餅)
①一口大に切ったお餅を170〜180℃に熱したサラダ油で揚げる。
②膨らんで、プクッと音がするまで揚げ、やわらかくなったら油を切っておく。

(みぞれ餡)
①鍋にかつお出汁6杯・薄口しょう油1杯・みりん1杯強を入れ、一煮立ちさせる。
※薄口醤油で上品な餡に仕上げます!
②大根の先を皮ごと粗目におろす。
③ざるでこして水気を切る
※しぼらない事!
④一煮立ちした合わせ出汁の火を止め、出汁溶き片栗粉を入れ、餡の硬さを見ながら調整する。
⑤水気を切った大根おろしを合わせ、再び火を入れたらみぞれ餡の完成!

(揚げ餅のみぞれ餡かけ)
器に揚げ餅を入れ、みぞれ餡をかけ、青ネギともみじおろしを置き
柚子の皮を細く切った柚子と細く切った海苔をあしらったら完成!

◆ポイント
①揚げ餅です。
サラダ油で揚げるだけで、表面がサクサクになって
香りが香ばしくそのままでも食べられる程美味しくなります♪

②みぞれ餡です。
ピリリと辛い大根の先をおろします。
かつおダシに上品に仕上がるように薄口しょう油・みりん・出汁溶き片栗粉を合わせて大根おろしを入れて作ります♪

2019年1月8日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

1月は「お餅アレンジレシピ」!今回はイタリアン!

先生 菅 恵美子さん(エミコの野菜食堂 大分市府内町)

メニュー
「お餅とゴルゴンゾーラのニョッキ風」

★材料・分量
(2人分)
◉餅 4個◉玉ねぎ(みじん切り) 60g◉白ワイン 20cc◉生クリーム(動物性) 200cc◉ゴルゴンゾーラチーズ 60g◉塩 1つまみ◉粒黒コショウ 10粒◉ブロッコリー 100g◉オリーブオイル 適量◉パルミジャーノチーズ 適量

◆作り方 
①お餅を1人2個くらいを目安に、食べやすい大きさに切ってクッキングシートに乗せ、オーブンで焼いておく。
沸騰したお湯に1%の塩を入れ、ブロッコリーをしっかり茹でて甘みを出したら水に取らずそのまま冷ます。

②オリーブオイルでタマネギを中火で炒め、塩を1つまみ加える。
※ソースなのでタマネギはみじん切り!
③しんなりするまで炒めたら、白ワインを入れアルコールをしっかり飛ばし、
生クリーム・ゴルゴンゾーラチーズを入れる。
※青カビタイプのブルーチーズが苦手な方は、お好きなチーズを入れてください
④ブルーチーズをほぐしながらソースになるように煮詰め、グツグツなってきたらソースの完成!

⑤耐熱皿に焼いたお餅とブロッコリーを並べソースをかけ、包丁で刻んだ粒タイプの黒コショウ、パルミジャーノチーズをかける。
⑥220℃のオーブンもしくはトースターで焼き色がつくまで焼いたら完成!

◆ポイント
①ブロッコリーの茹で方です。
シャキッと茹でる日本とは違って塩水でしっかり茹でます!
甘みが出て美味しいです♪

②簡単ソースです。
玉ねぎしんなり炒めて、白ワイン、生クリームとゴルゴンゾーラを煮詰めるだけです!
すごく簡単ですごく美味しいソースができます♪