2019年8月6日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

8月は「カレー風味のレシピ」!今回はイタリアン!
先生 菅 恵美子さん (エミコの野菜食堂 大分市府内町)

メニュー
「ゴロゴロ野菜カレーのサンド」

★材料・分量 (2人分)
(コロコロ野菜カレー)
◉ニンジン(拍子切り) 200g ◉ジャガイモ(下茹で・一口大) 200g ◉クミンシード 2g ◉コリアンダーシード 1g
◉マスタードシード 3g ◉オリーブオイル 大さじ3 ◉ココナッツファイン 5g ◉カレー粉 5g ◉塩 小さじ1/2弱

(ピアーダ・4枚分)
◉薄力粉 100g ◉強力粉 100g ◉塩 4g ◉重曹(タンサン) 小さじ1/2 ◉ラード 40g ◉水 80cc

◆作り方
(ゴロゴロ野菜カレー)
①フライパンにオリーブオイル・クミンシード・コアリアンダーシード・マスタードシードを入れ、弱~中火にかける。
②スパイスが跳ね出したらニンジン、しっかり下茹でしたジャガイモを入れ、スパイスと軽く炒める。
③スパイスが絡まったら、塩・ココナッツファイン・カレー粉を入れ、ニンジンに粗方 火が入るまで炒める。
 ※ジャガイモは崩れて良いです。

(ピアーダ)
①薄力粉・強力粉・ラード・塩・重曹(タンサン)をボウルに入れ軽く混ぜる。
②①に水を3回ほどに分けて入れながら混ぜ、ラップをして30分 冷蔵庫で冷やす。
 ※ラードを冷やし固めると、油が溶けずに形が作りやすいです。
③30分経ったら4等分にし、打ち粉をして麺棒で薄くのばし(2mm程)、ホットプレートを熱して焼く。
 ※焼いてプクプク膨らむところがあれば、抑えて膨らみを潰しながら焼いてください。
④焼き色がついたら返して反対側も焼き、焼けたらゴロゴロ野菜カレーを置き半分に折れば完成!

◆ポイント

①クミンシード・コリアンダーシード・マスタードシードに火を入れ
 しっかり香りを出すことです。これでカレーの美味しさが決まります♪

②簡単に作ることができるピアーダです。材料を混ぜたら少し置いて焼くだけです。
 いろんな具材をサンドして楽しめます♪

2019年7月30日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

7月は「夏のひんやりレシピ」!
先生 三宅 慎吉 さん(チャイナムーン 大分市椎迫)

メニュー
「くず切り風★中華マスタードソースがけ」

★材料・分量(2人分)
(拉皮/ラーピー)
◉片栗粉 50g ◉水 50g
(マスタードソース)
◉酢 35g ◉マスタード 25g ◉濃口しょう油 25g ◉ごま油 20g ◉砂糖 7g
(具材)
◉キュウリ(スライス) 50g ◉ハム(1cm幅) 40g ◉赤タマネギ(スライス) 40g
◉もやし(下茹で) 60g ◉トマト(くし切り) 1/2個

◆作り方
①拉皮は片栗粉と水 同量をよく混ぜ、バットに2mm程の厚みに流す。
②鍋やフライパンでお湯を沸かし、バットを浮かべて湯煎。
端から半透明になり火が通ってきたら、バットをお湯に10秒程沈める。
③冷水にバットごとつけて生地を冷やしたら、端からゆっくりはがし、
麺状(7㎜幅)に細く切り、和える直前まで水につけておく。
 ※残りの水溶き片栗粉も同じように拉皮を作る。
④ボウルに砂糖・酢を溶かし、濃口しょう油・ごま油を入れ、よく混ぜ合わせる。
⑤④をマスタードに少しずつ加え溶かし、マスタードソースをつくる。
⑥別のボウルに、キュウリ・ハム・赤タマネギ・もやしを和える。
 ※キュウリは縦半分に切って斜め切り・ハムは1cm幅、赤タマネギは薄くスライスして水にさらし、もやしは下ゆでしておく。
⑦⑥にしっかり水気をきった拉皮を和える。
⑧和えたらトマトを飾った皿の真ん中に盛り付け、マスタードソースをかければ完成!

◆ポイント
①手作り拉皮(ラーピー)です。
片栗粉と水を混ぜて湯煎、それからお湯につけ、冷水で冷やして作ります。
見た目も涼しげなので夏におすすめです♪

②マスタードソースです。
マスタードと酢、しょう油や砂糖ごま油で作る、さっぱりとした美味しいソースです。
野菜や蒸し鶏などによく合うソースです♪

2019年7月23日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

7月は「夏のひんやりレシピ」!
先生 園田 寿さん (シュガーズキッチン 大分市羽屋)

メニュー
「韓国風 鯛のカルパッチョ」

★主な材料★(2人分)
◉鯛(刺身用切り身) 100g ◉タマネギ 1/2個 ◉青ネギ 適量 ◉糸唐辛子 適量
(タレ)
◉焼き海苔 1/2枚 ◉濃口しょう油 大さじ1と1/2 ◉砂糖 小さじ1/2 ◉すりごま(白) 大さじ1 ◉ごま油 小さじ1
◉ニンニク(おろし) 少々 ◉一味 少々
(コチュジャンマヨネーズ)
◉マヨネーズ 大さじ1 ◉コチュジャン 小さじ1

◆作り方
①タマネギは繊維を断ち切るように薄く切り、水に30分さらす。
※新タマネギの場合は水にさっとさらす。
②青ネギはトッピング用に小口切りにする。
③濃口しょう油・砂糖・すりごま(白)・ごま油・ニンニク・一味をよく混ぜ、
焼き海苔をちぎって加え、タレを作る。
④タマネギの水気を切り、皿に広げる。
⑤刺身用の鯛の切り身を5〜7mm程度薄くスライスし、皿に並べる。
⑥タレを所々にかける。(タレは辛めなので全部かけないで下さい)
※残ったタレは冷奴やトコロテンなどにおすすめです。
⑦マヨネーズとコチュジャンを混ぜ合わせ、柔らかめのラップか食品用保存袋に入れ包む。
⑧爪楊枝で穴を開け、細く絞り出す。
⑨青ネギと糸唐辛子を散らせば完成! 

◆ポイント
①火を使わず簡単にできることです。
鯛・タマネギ・青ネギは切るだけ。
タレは生合わせで混ぜるだけなので暑い夏にもぴったりです♪

②韓国風の味付けです。
タレに加えるすりごまやごま油・焼き海苔。
それから上に絞るコチュジャン入りのマヨネーズで
韓国風の味付けにして食欲upできるようにしています♪

2019年7月16日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

7月は「夏のひんやりレシピ」!
先生  挾間 一雄さん (hasama house 大分市大在北)

メニュー
「海老ワンタンの冷製スープ」

★材料・分量
(スープ2人分)   
◉水 500cc ◉だし昆布 2枚 ◉薄口しょう油 20g ◉みりん 10g ◉白ネギ (細く斜め切り) 60g ◉水菜(5cm幅)40g
◉新ショウガ(千切り) 1片 ◉ミョウガ(千切り) 2個 ◉すりごま(白) 少々 ◉ごま油orラー油 少々

(海老ワンタン約30個分)
◉むきエビ 15個 ◉豚挽き肉 100g ◉タマネギ(みじん切り) 80g ◉卵黄 1個分 ◉片栗粉 10g ◉薄口しょう油 10g
◉ごま油 10g ◉ショウガ(おろし) 15g ◉ニンニク(おろし) 5g ◉ワンタンの皮 30枚 ◉水溶き片栗粉 少々

◆作り方
①鍋に水とだし昆布を入れ15分つけたら、鍋ごと火にかける。
②沸騰する直前に昆布を取り出し、薄口しょう油・みりんを入れ味つけをする。
③沸いたら、白ネギ・新ショウガ・水菜を入れ、軽く混ぜたら火を止める。
④氷水に鍋ごと浸け、混ぜながら冷やし、冷製スープを作る。
※野菜から水分が出るので、味をみて薄ければ薄口しょう油を足す。
⑤むきエビの水分・背わたを取り粗みじん切りにする。
⑥たたいたエビをボウルに入れ、豚挽き肉・タマネギ(水にさらして水気をきっておく)・卵黄・片栗粉
・薄口しょう油・ごま油・ショウガ・ニンニクを加え、ゴムベラでしっかり混ぜる。
⑦ワンタンの皮の真ん中に餡を置き、水溶き片栗粉を塗り、三角に折ってひだを作る。
※小麦粉をふっておくとくっつきません。
⑧沸騰したお湯でワンタンを茹で、上に浮かんできたら冷水に落とす。
⑨スープのシャキシャキ野菜を器の中央に置いて、スープを注ぎ、
野菜の周りに海老ワンタンを5個並べ、すりごまを少しふる。
ごま油かラー油を風味づけにまわしかけ、最後にミョウガを添えて完成!

◆ポイント
①手作り海老ワンタンです。
海老は粗みじん切りにしてプリプリ感を残すことと
餡に片栗粉を加えてよく練るとワンタンの中でうま味をぎゅっと閉じ込めてくれます♪

②さっぱりとしたスープです。
昆布を使ってうま味を出して、軽く調味料を加えるだけの
さっぱりとしたスープに仕上げています♪

2019年7月9日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

7月は「夏のひんやりレシピ」!今回は和食!
先生 日本料理一筋42年! 先生 山下 寿一(じゅういち)さん

メニュー
「射込みトマト〜野菜の寒天寄せ〜」

★材料・分量
◉トマト4個 (くりぬいたトマトの果肉 2個分) ◉キュウリ(千切り) 5cm ◉ハム (千切り) 2枚 ◉炒り卵(味付けなし) 卵1個分

(寒天地+マヨネーズ)
◉水 300cc ◉粉寒天 4g ◉薄口しょう油 大さじ1と1/2 ◉砂糖 大さじ1と1/2 ◉マヨネーズ 大さじ3

◆作り方
①鍋に水・薄口しょう油・砂糖を入れ、粉寒天を混ぜ、一煮立ちさせ、2分程火にかけ綺麗に溶かす。
②完熟前の綺麗なトマトのヘタを、ペティーナイフなど細めの包丁でくり抜き、
 果肉はスプーンでくり抜き、キッチンペーパーの上に出して水分を切る。
③くり抜いたトマトの内側の水分もキッチンペーパーで取り、
くり抜いた側を下にして水分がたまらないようにしておく。
④・トマトの果肉はペーパーで水気を切りみじん切りにする。
・キュウリと生ハムは1.5mm幅の千切り、長さは2cmくらいで揃える。
・炒り卵は、味付けなしで作っておく。
⑤粉寒天が溶けたら、混ぜながら人肌まで冷まし、マヨネーズに少しずつ加えのばす。
※このとき、同じ方向に混ぜると、ダマになりにくいです。
※時短で氷水などを使い冷やしてもOK。
⑥人肌に冷めたら、④の具材をすべて⑤に入れ混ぜ、サラダ寒天を作る。
⑦くり抜いたトマトにサラダ寒天を射込み、
トントンと軽く落として空気を抜き、冷蔵庫で1時間程冷やし固める。
⑧4等分にカットし皿に盛れば完成!

◆ポイント
①トマトをキレイにくりぬくこと。
 完熟ではない少し固めの、色がきれいなトマトを選ぶと
 くりぬきやすく、見た目もきれいです♪
②寒天地を作ったら寒天地でマヨネーズをのばし合わせます。
 分離させないように少しずつのばすといいです♪