2021年3月30日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

3月のゆ〜わくクッキングは「ふわトロぷるん!卵料理!」を紹介!
先生 大分市大在北 hasama houseオーナーシェフ 挾間 一雄さん

メニュー
「春野菜とアサリの餡かけオムライス」

★材料★(2人分)
(餡)
◉アサリ 200g ◉水 300ml(アサリ用) ◉春菊 150g ◉春キャベツ 500g ◉柚子こしょう 少々 ◉水溶き片栗粉(片栗粉5g・水10g)
(オムライス)
◉卵(M玉) 3個 ◉鶏むね挽き肉 100g ◉新タマネギ(小) 1/2個 ◉濃口しょう油 大さじ1 ◉砂糖 大さじ1・1/2 ◉塩 少々 ◉ご飯 240g ◉春菊の茎 ◉春キャベツの芯 ◉サラダ油 適量

◆作り方
(下準備)
①春キャベツ・春菊は軽く茹で冷水に取り、柔らかい部分はざく切り、固い部分は細かく刻んで分けておく。
②タマネギはみじん切りにする。
③水にアサリを加え火を入れ、アサリが開いたらさらに2分程火を入れる。煮汁とアサリを分け、殻からアサリの身を取り出す。
*煮汁も使うので捨てないで!
(オムライス)
①フライパンにサラダ油を熱し、鶏挽き肉・新タマネギを加えそぼろ状になるまで炒める。
②濃口しょう油・砂糖を加え少し煮詰める。
③ご飯を加え炒め全体に味をつけたら、味見をし足りなければ塩を足す。
④春キャベツ・春菊の硬い部分を加え軽く炒め器に盛る。
⑤フライパンにサラダ油を足し、溶き卵を加え半熟になるまで箸で軽く混ぜながら火を入れ、ご飯の上にかける。
(餡)
①鍋にアサリの煮汁・アサリの身を入れ一煮立ちさせ、柚子こしょうを加える。
②春キャベツ・春菊の柔らかい部分を加え混ぜる。
③水溶き片栗粉でトロミをつけ、オムライスにかける。

★ポイント
①オムライスのライスです。
鶏ひき肉とタマネギに味付けしたご飯は定番ですが、ここにも春菊と春キャベツの固い部分を刻んで加えて
春の香りと食感を加えています。

②春がいっぱいの餡です。
アサリの煮汁をベースに、アサリの身・軽く茹でた春キャベツ・春菊を加えて片栗粉でとじています。
彩りよく、香りも楽しんでもらえると思います。

2021年3月23日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

3月のテーマは「ふわトロぷるん!卵料理」を紹介!
日本料理一筋43年! 山下 寿一さん

メニュー
「豆腐ステーキのふわとろ卵とじ」

★材料★(2人分)
(豆腐のステーキ)
◉ソフト豆腐 400g ◉片栗粉 適量 ◉サラダ油 適量 ◉青ネギ 適量
(タレ)
◉酒 30ml ◉みりん 30ml ◉濃口しょう油 30ml ◉砂糖 15g
(卵液)
◉卵 5個 ◉長芋 150g ◉カニ風味かまぼこ 4本 ◉薄口しょう油 小さじ1 ◉みりん 小さじ1 ◉砂糖 小さじ1

◆作り方
①豆腐は食べやすい大きさに切り軽く水切りをしておく。
青ネギは小口切りか千鳥ネギに切っておく。
長芋はおろし、カニ風味かまぼこは斜め切りにしておく。
②水切りした豆腐に片栗粉をまぶす。
③フライパンにサラダ油を熱し、②をこんがり焼き色がつく程度両面焼く。
④鍋にタレの材料を全て入れ一煮立ちさせる。
⑤ボウルに卵を溶き、長芋・カニ風味かまぼこを加え混ぜ、薄口しょう油・みりん・砂糖を加え混ぜる。
⑥豆腐に焼き色がついたら、④のタレを加え(量はお好みで!)香ばしく焼き⑤の卵液を半分加え半熟に加熱する。
⑦耐熱皿に⑥を流し、残りの卵液を流し入れオーブントースターで5~10分焼き色がつくまでやく。
⑧青ネギを散らす。

★ポイント
①香ばしさがたまらないタレです。
酒・みりん・濃口しょう油・砂糖で仕上げています。

②ふわとろ感を出すために、卵に長芋をおろして合わせているところです。
これでさらにふわとろ感増し増しです!

2021年3月16日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

3月のゆ〜わくクッキングは「ふわトロぷるん!卵料理」を紹介!
先生 シュガーズキッチン 料理家 園田 寿さん

メニュー
「ソーセージ入りヨークシャープディング」

★材料★(2人分)
◉ソーセージ 4本 ◉オリーブオイル 適量 ◉無塩バター 適量(容器に塗る用) ◉粒マスタード 適量
(ヨークシャー・プディング生地)
◉薄力粉 100g ◉卵 2個 ◉牛乳 200ml ◉無塩バター 30g ◉塩 少々 ◉黒コショウ
(トマトソース)
◉トマト 中1個 ◉ケチャップ 大さじ2 ◉ウスターソース 大さじ1 ◉はちみつ 小さじ1 ◉無塩バター 5g

◆作り方
①トマトは1cm角に切る。ヨークシャープディング生地の無塩バターは溶かしておく。卵は溶いておく。耐熱容器にバターを塗る。
オーブンを220℃〜230℃に予熱しておく。
②フライパンにオリーブオイルを熱してソーセージに焼き色がつくまで焼く。
③ヨークシャープディングの生地を作る。ボウルに薄力粉をふるって入れ、溶き卵を加え泡立て器で混ぜる。
牛乳・溶かしバターを加えて混ぜ、塩・黒コショウで味を調える。
④耐熱容器に②のソーセージを並べ、③を流し、220℃〜230℃に予熱したオーブンで30分程焼く。
⑤トマトソースを作る。小さめのフライパンか鍋にトマトソースの材料を全て入れ軽く煮詰める。
*オムライスなどにも合います!
⑥耐熱皿から取り出しカットし皿に盛り、トマトソース・粒マスタードを添える。

★ポイント
①存在感のあるソーセージを使うこと!
長めのソーセージが焼きあがった時に、プディングからのぞいて見栄えも良いと思います。

②ヨークシャープディングの生地です!
又の名をバタープディングとも呼ばれるので、溶かしバターを使って外はサクサク、中はしっとりな食感に仕上げます。

2021年3月9日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

3月のテーマは「ふわトロぷるん!卵料理」を紹介!
先生 韓国苑 総料理長 姫野慶太さん

メニュー
「チャンジャとキノコのチーズケランチム」

★材料★(200mlカップ2個分)
(ベース)
◉水 150ml ◉和風だし顆粒 3g ◉しめじ 50g ◉砂糖 3g
(具材)
◉卵(M玉) 4個 ◉チャンジャ 15g ◉薄口しょう油 15g ◉青ネギ 20g ◉マヨネーズ 10g ★ピザ用チーズ(モッツァレラチーズ入り) 30g
(タレ)
◉コチュジャン 15g ◉みりん 5g ◉マヨネーズ 15g ◉砂糖 1g
(飾り)
◉青ネギ 少々 ◉粉唐辛子 少々

◆作り方
①青ネギは1~2cmの長さ20gと小口切り少々に切る。
②カップの底にホイルを当て型を取りドーム型のフタを2つ作る。
③ベースの材料全てをフライパンに入れ強火で沸騰させる。
④蒸し器もしくは深めの鍋に1〜2cm水を張り沸騰させカップを温める。
⑤ボウルに具材の★印のピザ用チーズ以外を入れよく混ぜる。
⑥③のフライパンに⑤を流し、中火〜強火で出汁と卵液が分離しないように素早く混ぜ8割程固まったら、火を止めピザ用チーズを加え混ぜる。
⑦④のカップを取り出し、⑥を流し入れ、ドーム型の蓋をして蒸し器に戻し、3分程強火で蒸す。
⑧ボウルにソースの材料を全て入れ混ぜる。
⑨蒸しあがったらソースをかけ、飾りの青ネギと粉唐辛子をかける。

★ポイント
①生地にマヨネーズを加えることです。
卵にマヨネーズを加えるとコクが出るのと、ふわふわに仕上がります。

②家庭で簡単に作る方法です。
出汁と卵液を強火で混ぜること。
本場ではこのまま蓋をして直火で加熱しますが安全の為、器に入れて蓋をして蒸し器で強火で蒸すと簡単にできます。

2021年3月2日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

3月のゆ〜わくクッキングは「ふわトロぷるん!卵料理」を紹介!
先生 オステリア ブーチョ オーナーシェフ 菅 恵美子さん

メニュー
「イタリアの卵焼きフリッタータ」

★材料★(2人分)
(フリッタータ生地・スキレット15cm2枚分)
◉卵(L玉) 6個 ◉牛乳 大さじ4 ◉粉チーズ 小さじ2 ◉ナツメグ 少々 ◉塩 2つまみ
(しらすのフリッタータ)
◉タマネギ 60g ◉釜揚げしらす 30g ◉アスパラガス 4本 ◉塩 1つまみ ◉オリーブオイル 適量
(4種のチーズのフリッタータ)
◉タマネギ 60g ◉モッツァレラチーズ 50g ◉パルミジャーノレッジャーノ 10g ◉ゴーダチーズ 10g 
◉ブルーチーズ 10g ◉塩 1つまみ ◉黒コショウ 少々 ◉オリーブオイル 適量 ◉ミニトマト 3個

◆作り方
(下準備)
①パルミジャーノ・レッジャーノ、ゴーダチーズ、ブルーチーズはスライスする。
②タマネギは繊維を断ち切るようにスライスする。
③アスパラガスは3cmの長さに切り、塩茹でする。
*穂先はトッピングに使うので分けておく。
④ミニトマトは飾り用に薄く輪切りにする。

(フリッタータ生地)
①ボウルで卵を白身を切るように混ぜ、牛乳・粉チーズ・ナツメグ・塩を加え混ぜる。

(しらすのフリッタータ)*卵生地を返す焼き方です
①スキレットにオリーブオイルを熱し、タマネギ・塩を加えタマネギが透き通るまで炒める。
②ボウルのフリッタータの生地に釜揚げしらす・塩茹でしたアスパラガスを加え混ぜる。
③スキレットにオリーブオイルを足し、②を流す。
④鍋肌の卵が焼き固まってきたら耐熱用のゴムベラで中央に寄せるようにゆっくりと半熟状態を作る。
⑤スキレットの底を濡れ布巾にジュッとあてる。(生地が離れやすくなります)
⑥スキレットに皿で蓋をしてひっくり返す。
⑦スキレットにオリーブオイルを足し、生地を皿からスキレットにスライドさせ戻し火を入れる。
⑧仕上げにアスパラガスの穂先をトッピングする。

(4種のチーズのフリッタータ)*卵生地を返さない焼き方です
①スキレットにオリーブオイルを熱し、玉ねぎ・塩を加えタマネギが透き通るまで炒める。
②オリーブオイルを足し、フリッタータの生地を流す。
③パルミジャーノレッジャーノ・ゴーダチーズ・ブルーチーズを加え生地と混ぜる。
④鍋肌の卵が焼き固まってきたら耐熱用のゴムベラで中央に寄せるようにゆっくりと半熟状態を作る。
⑤モッツァレラチーズをちぎって加える。
⑥鍋肌をゴムベラで整えオリーブオイルを鍋肌に加える。
⑦蓋かホイルをかぶせ火を入れる。
⑧ミニトマトをトッピングする。

★ポイント
①フリッタータの生地です。
卵、そしてイタリアですので粉チーズ、牛乳、それからナツメグ、塩を加えてシンプルに生地を仕上げます。

②フリッタータの焼き方です。
生地を流して鍋肌の卵が焼き固まってきたら、ヘラなどで中央に寄せるようにゆっくりと半熟状態を作ります。