2016年5月10日火曜日放送

ゆ~わくスクランブル「新緑の春風オルレ」

緑が美しく、風が気持ちのいい季節。
のんびりと山歩きはいかがですか?
今回は、九州オルレの九重・やまなみコースを歩いてきました!

●「新緑の春風オルレ」
 日時:5月15日(日)九重“夢”大吊橋中村側を10時スタート
参加費:大人1000円 中学生以下500円
問合せ:九重町役場商工観光・自然環境課 0973-76-3150

※要予約※雨天決行
※11.1㎞、3~4時間かけてゆっくりと歩くコースです。
※スタートの九重“夢”大吊橋とゴールの長者原の間を結ぶ無料シャトルバスがあります。
※14日(土)には筋湯温泉で花火大会が開催されます。

2016年5月10日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

先生 hasama house 挾間一雄さん(大分市大在北)

メニュー アサリと春野菜のホイル焼き
20160510_クッキング

◆材料・分量(2人分)
◉アサリ 1パック◉春キャベツ 1/2個◉新タマネギ 1/2個◉新ショウガ 1片
◉バター 10g◉ニンニク 1片◉白ワイン又は酒 大さじ2◉塩・こしょう 少々◉オリーブオイル 少々

(春菊のソース)
◉春菊(葉のみ) 30g◉アンチョビ 3g◉ニンニク 1/2片◉オリーブオイル 少々◉塩・こしょう 少々

◆作り方
①ホイル(30cm×60cm)を準備する
②砂抜きしたアサリを洗ってホイルに置く
③春キャベツ(大きめに)・新タマネギと新ショウガ(せん切り)を入れる
④ニンニク(みじん切り)・白ワインをふりかけ、バターを入れる
⑤塩・こしょう・オリーブオイルを入れてホイルをしっかり閉じる
⑥これを200℃に予熱したオーブンで20分ほど焼く
⑦焼きあがったホイル焼きに春菊のソース(下記の作り方を参照)を和えたら完成

(春菊のソースの作り方)
①春菊を塩ゆでする
②ゆでたら氷水に取って絞る
③フードプロセッサーに入れる
④アンチョビ・ニンニクを入れて混ぜる
⑤オリーブオイル・塩・こしょうを入れて再び撹拌する(なめらかになるまで)

◆ポイント
①アサリの出汁を春野菜に吸わせる!
野菜にある程度塩こしょうをしてあげると 野菜の水分が出てアサリの出汁が全体に広がります♪

②ホイル焼きで旨味を全部食べられる
ホイル焼きにするので、野菜の旨味、アサリの出汁全てを逃すことなく食べられます♪

③春菊のソース
塩ゆでして柔らかくしてから、アンチョビ・ニンニクと混ぜ合わせます。程よい苦みが春野菜の甘みと良くあいます♪パンやショートパスタなどにもあいますよ♪

2016年5月3日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

先生 呑ん気や 信(のぶ) 山下寿一さん

メニュー ふわっとかき揚げ 新茶塩添え
20160503_クッキング

◆材料・分量(2人分)
◉タマネギ 1/2個◉ゴボウ 20g◉ニンジン 10g◉三つ葉 1/2束◉アサリ1パック
◉卵 3個◉薄力粉 適量◉サラダ油 適量◉塩 小さじ1×3◉新茶 小さじ1
◉カレー粉 小さじ1◉パプリカ粉 小さじ1◉昆布◉酒

◆かき揚げの作り方
①ニンジンは拍子切りにする。
②ゴボウは笹がきしたら、水につけてアクを取り水気を切る
③タマネギをスライスして水にさらしたら少し水気が残っている時に新茶を合わせる
※こうしておくと茶葉が少し開いてタマネギと良く絡みます。
④砂抜きして洗ったアサリは水から茹でる。このときに酒を大さじ2と昆布を加えておく
⑤一煮立ちしたら昆布は取り出す
⑥貝が開いたらむいておく(だし汁は捨てないように!)
⑦三つ葉は茎と葉でわける(葉の部分はあとから使います!)
⑧衣を合わせていくために、まずは薄力粉を具材にむらなくまぶす
⑨具の1つ1つに衣を絡めるつもりで、溶き卵を入れる
⑩サラダ油を170℃に熱する
⑪手で掻き寄せながら、少し平らにするような感じで油にそっと落として返しながら揚げていく
1度にたくさん揚げると油の温度が一気に下がるので油の表面積の1/2~2/3の量くらいにしておきましょう。
⑫揚げている間に新茶塩を作るため、まずは新茶をする
⑬細かくなったら、新茶1:塩1で合わせる(粗塩であれば一緒にすって合わせる)
⑭さらにカレー粉1:塩1で合わせたもの、パプリカ粉1:塩1で合わせたものも用意する
⑮かき揚げが揚がったら盛り付けて完成!

◆お吸い物の作り方
①かき揚げを作る途中でとっておいたアサリのだし汁に塩と薄口しょう油を少し足す
②三つ葉を入れる
③残った溶き卵をおとして完成!

◆ポイント
①薄力粉と卵のみの衣
具材に薄力粉をまぶして、手で掻きながら卵を合わせます。水を使わずに作るのでふわっとして冷めてもおいしいですよ♪

②手作り新茶塩
新茶をすって、塩を合わせます♪

2016年4月26日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

先生 シュガーズキッチン 園田寿さん

メニュー 鰆の爽やかカツレツ風
20160426_クッキング

◆材料・分量 2人分
◉鰆 2切◉薄力粉 適量◉卵 1個◉粉チーズ 適量◉パン粉 適量
◉塩 少々◉こしょう 少々◉バター 10g◉オリーブオイル 適量◉レモン 1/2個◉クレソン 適量

(トッピングソース)
◉ゆで卵 1個◉ごまだし 大さじ1 1/2◉ケッパー 大さじ1/2◉タマネギ 1/10個
◉パセリ 大さじ1/2◉マスタード 小さじ1◉レモン汁 大さじ1/2◉オリーブオイル 大さじ2

◆作り方
①パン粉と粉チーズを混ぜる(割合はパン粉10:粉チーズ1)
②フライパンでバターとオリーブオイルを熱しておく
③鰆をラップに挟んで、麺棒で軽くたたいてのばす(小骨を取り除く)
※サーモンやタラ、アジでもおいしくできますよ♪
④のばしたら、塩・コショウを振る
⑤薄力粉→溶き卵→先ほど作った粉チーズ入りパン粉の順につける
⑥キツネ色になるまで両面揚げ焼きする
⑦焼いてる間に、トッピング用でゆで卵・ケッパー・パセリをみじん切りにする
⑧タマネギはみじん切りして水にさらしておく
⑨みじん切りにしたものとごまだし・マスタード・レモン汁・オリーブオイル・塩を混ぜる
⑩付け合わせにクレソン。それからレモンを添える
⑪焼き上がった鰆にトッピングソースをのせたら完成!

◆ポイント
①鰆を薄くのばす
最初にたたいてうすくのばします。そうすると小骨もとれやすいですよ♪

②衣をつけて揚げ焼きする
衣をつけたらオリーブオイルとバターで揚げ焼きにします!カリカリに焼きましょう♪

③爽やかなトッピングソース
ゆで卵にごまだし、ケッパーやタマネギ・パセリ・レモンなどで爽やかなタルタルソースのような感じに♪

2016年4月12日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

先生 チャイナムーン 阿部 秀行さん

メニュー とろ~り肉みそのジャージャン麺
IMG_3721

◆材料・分量(2人分)
◉中華麺 2人分◉豚ひき肉 100g◉タケノコ 25g◉シイタケ 30g(生でも干したものでも可)
◉白ネギ (みじん切り) 15g◉ニンニク 5g◉ショウガ 5g◉豆板醤 小さじ1◉甜麺醤 大さ1/2◉鶏ガラスープ 100cc
◉濃口しょうゆ 小さじ4◉酒 小さじ1◉砂糖 大さじ1◉水溶き片栗粉 適量◉ごま油 小さじ1◉サラダ油 適量

(トッピング)
◉チンゲンサイ(細切り) 3枚◉キュウリ(細切り) 1/4本◉もやし(下ゆで) 適量 ◉白ネギ(白髪ねぎ) 適量

◆作り方
①中華麺は表示されている時間通りに茹でる。茹であがったら水洗いをしてぬめりを取り、水気をきっておく。
②フライパンで少し多めのサラダ油を熱し、豚ひき肉・ニンニク・ショウガ・豆板醤を入れて炒める。
③ひき肉の色が変わったら下茹でしてみじん切りにしたタケノコ・シイタケと甜麺醤を入れてさらに炒める。
余分な油が出た場合はキッチンペーパーなどで取る。
④フライパンに鶏ガラスープ・濃い口しょうゆ・酒・砂糖を入れ少し煮込む。
⑤みじん切りにした白ネギを加え、全体が均一になったら水溶き片栗粉でとろみをつける。
⑥火を止めて香り付けのごま油を入れる。
⑦麺の上に塩茹でしたチンゲンサイ・細切りにしたキュウリ・下茹でしたもやしを乗せ、肉みそをかける。
白髪ねぎをあしらって完成!

◆ポイント
①肉みその作り方!
肉と味噌を高温の油でしっかりと炒めて生臭さなどを飛ばしてから具材と調味料を入れて作ります♪

②麺は茹でたら洗う
茹でたら、洗ってヌメリを取ると肉味噌がよくからみますよ♪

③季節野菜のトッピング
なんでも合うと思いますが、今回は春のチンゲンサイ使いました♪