2018年8月21日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

8月は「おうちでもキャンプでも楽しめる豪快レシピ」!今回は和食!

日本料理一筋41年!先生 山下 寿一さん

メニュー
「焼きおにぎりとたたききゅうり」

★材料・分量(2人分)
(焼きおにぎり)*調味料は割合いです
◉ご飯 400g◉バター 10g◉酒 1杯◉みりん 1杯◉濃口しょう油1杯◉砂糖 お好みで◉粗挽き黒コショウ 少々

(たたききゅうり)*調味料は割合いです
◉きゅうり 2本◉塩(板ずり用) 適量◉かつおだし汁 2杯◉薄口醬油 1杯◉みりん 1杯◉うまみ調味料 少々◉唐辛子(輪切り) 1/2本◉ショウガ(みじん切り) 1片

◆作り方
(焼きおにぎり)
①鍋に割合いで、酒1:みりん1:濃口1:砂糖(お好み):粗挽き黒こしょう1つまみを合わせて火にかけ、アルコールを飛ばす。
②ご飯で三角おにぎりを作る。(米粒を潰さないよう、持った時に崩れず口の中でほどける程度)
③バターで三角おにぎりの表面を焼いていく。
※しっかりフライパンが熱くなってからおにぎりを置くとくっつきにくいです。
④香ばしい香りがしてカリッとなったら、①の甘うま醬油を塗っていく。
⑤焼いてる面の醬油が乾いたら返す。これを2~3回塗っては焼きを繰り返したら完成!
※長く焼くと焦げます。

(たたききゅうり)
①鍋に割合いで、かつおだし汁2:薄口しょう油1:みりん1:うまみ調味料少々を食品用保存袋に合わせておく。
※持ち運びにも便利で、冷蔵庫でも場所を取りません。
②きゅうりは3面皮をむき、板ずり(塩をふってまな板の上でごりごり)し、水で洗う。
③瓶や麺棒である程度たたき、①の合わせた出汁につけ、お好みでしょうが・唐辛子を入れ、1時間程つけたら完成!

◆ポイント
①焼きおにぎりは、油でコーティングしてから味をつけるといいです。
今回はバターで焼きながらコーティングして特製甘うま醬油で焼いていきます♪

②たたききゅうりは、1時間つければ食べられるレシピです。
板ずりしたら豪快に瓶などでたたいて、割合い合わせだしにつけます♪

2018年8月14日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

8月は「おうちでもキャンプでも楽しめる豪快レシピ」!

先生 園田 寿さん(シュガーズキッチン 大分市羽屋)

メニュー
「ごまだしフォンデュと桃そうめん」

★材料・分量(2人分)
(ごまだしフォンデュ)
◉ごまだし 大さじ1/2~1◉オリーブオイル 大さじ1◉ニンニク 1/2片◉白ワイン 大さじ1◉生クリーム(植物性) 100cc◉パプリカ 赤黄各1/2◉人参 1/2本◉ジャガイモ 2個◉サツマイモ 1/2本◉エリンギ 1本◉バゲット 4枚

(桃そうめん)
◉桃(1cm角) 1個◉素麺 2束◉トマト(1cm角) 小1個◉生ハム(1cm角) 40g~50g◉タマネギ(みじん切り) 30g◉蜂蜜 小さじ1/2~1◉塩 少々
◉レモン汁 小さじ2◉オリーブオイル 大さじ1と1/2

◆作り方
(ごまだしのソース)
①オリーブオイルとみじん切りのニンニクをフライパンで弱火にかけ、ニンニクの香りが出るまで待つ。
②ニンニクの香りが出てきたら、ごまだし(※)、白ワイン・生クリームを加えて温めたら完成!
※沸騰させずに、温めるだけでok。
(※)ごまだしは、大分県佐伯市の万能調味料。(焼いた魚の身とゴマと醤油等で作られています)

(ごまだしフォンデュ)
①ホットプレートで、パプリカ・人参(下茹で)・ジャガイモ(下茹で)・サツマイモ(下茹で)・エリンギ・バゲットを焼いていく。
②ココットにごまだしソースを入れ、下にアルミホイルを敷いてホットプレートの上に置く。
③温めながら焼いた野菜をつけながら食べる。
※キャンプなどで網焼きの場合はソースをホイルなどに入れて、温めながら楽しんで下さい♪

(桃そうめん)
①素麺を茹で、氷水に取ってキッチンペーパーなどでしっかり水気を切っておく。
②少し切れ目を入れたトマトと桃を湯むきする。
※沸騰したお湯に少しつけると簡単に皮がむけます。
③桃・トマトを1cm角に切る。
④ボウルにトマト・タマネギのみじん切り、塩・蜂蜜・レモン汁・オリーブオイルを入れてよく混ぜ合わせる。
⑤水切りした素麺・1cm角に切った生ハム・そして桃を加えて軽く混ぜる。
⑥お皿に盛り付け、オリーブオイルを少し回しかけたら完成!

◆ポイント
①ごまだしのソースです。
ニンニクの香り出したオリーブオイルに、ごまだし・白ワイン・生クリームを加えて作ります。ごまだしと生クリームが野菜に合います♪

②豪快に桃とトマトを湯むきして作る桃そうめんです。
桃も湯むきをすると楽です。後は調味料などと合わせるだけなので簡単です♪

2018年8月7日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

8月は「おうちでもキャンプでも楽しめる豪快レシピ」!今回はイタリアン!

先生 菅 恵美子さん(オステリア ブーチョ 大分市府内町)

メニュー
「イタリアンBBQと即席ジンジャーシロップソーダ」

★材料・分量(2人分)
◉豚ロース肉 2枚◉ピーマン 4個◉タマネギ 小2個◉パプリカ 赤・黄各1/2個◉ナス 1本◉ローズマリー 6本◉白ワインビネガー 大さじ2◉オリーブオイル 100cc◉塩 2g◉黒コショウ 少々◉白ワイン:水(1:1)

(ジンジャーシロップソーダ)
◉ショウガ 30g◉黒砂糖 30g◉シナモン 少々◉レモン汁 少々◉黒コショウ 少々◉炭酸水 200cc

◆作り方
(野菜の準備)
①ピーマンは丸ごと。
②ナスは縦半分に切って飾り包丁を入れる。
③タマネギは皮ごと上下を切って横半分に切り、切れ目を入れる。
④パプリカは凹んだ部分からカットすると、ワタが取りやすい。

(焼き方)
①ホットプレートにオリーブオイルを少しふり、下準備した野菜を焼く。
②豚肉に塩をふり、白ワインと水(1:1)で合わせた中に最低30分程度つけ込み、表面の水分を取ってから焼く。
③白ワインビネガー・塩・コショウをよく混ぜ、オリーブオイルを少しずつ加えながらよく混ぜる。
④ローズマリーを束にし、焼いているものにローズマリーでソースを塗りながら火が入るまで焼けば完成!

(ジンジャーシロップソーダ)
①ショウガをおろし、黒砂糖・シナモンパウダー・黒コショウ・レモン汁を入れて混ぜる。
②グラスの中に入れ、氷を入れて炭酸水を注いだら完成!

◆ポイント
①肉・野菜の下準備!
タマネギは皮ごと、ピーマンは丸ごと焼くとどちらもジューシーに焼けます。
肉は、塩をふって白ワインと水を合わせたものに少しつけておくと柔らかく焼けます♪

②ソースです。
白ワインビネガー・オリーブオイル・塩・黒コショウだけというシンプルなソースを、ローズマリーの束で肉や野菜に焼き付けてワイルドに素材の風味を楽しんでもらいます♪

2018年7月31日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

7月は「夏に食べたい!スパイシー麺」!

先生  挾間 一雄さん(hasama house 大分市大在北)

メニュー
「とうもろこしと豆乳のピリ辛つけ麺」

★材料・分量(2人分)
(つけ汁)
◉とうもろこし 1本◉無調整豆乳 150cc◉めんつゆ(ストレート) 大さじ2

(食べるラー油)
◉白ネギ 1/5本◉ショウガ 40g◉ニンニク 5片◉粉唐辛子 大さじ2◉ごま油 100cc◉黒砂糖 大さじ2◉塩 小さじ1◉濃口しょう油 大さじ1

(うどん・薬味)
◉うどん 200g◉ミョウガ(千切り) 1個◉三つ葉(一口大) 1/2束◉大葉(千切り) 10枚◉青ネギ(3cm幅) 1/3束

◆作り方
(つけ汁)
①包丁でとうもろこしを削ぎ、とうもろこしの2/3をミキサーに入れ、無調整豆乳・めんつゆを加えてミキサーにかける。
※粒がなくなるくらいまで。
②ボウルに移し、残しておいた1/3のとうもろこしを加えて器に入れる。

(食べるラー油)
①白ネギ・ショウガ・ニンニク・ごま油を一緒にフライパンに入れ、フライパンをたまに揺する感じで強火にかける。
②油が沸々してきたら弱火にし、フライパンの周りのニンニクの色が変わるまで加熱する。
③色が変わったら一旦強火にし、油をフツフツさせてから火を止める。
④粉唐辛子を入れて、混ぜる。
⑤粗熱が取れたら、黒砂糖・塩・濃口しょう油で味を調える。

(うどんの茹で方)
①水からとうもろこしの芯を茹で、沸騰したらうどんを入れる。
②袋の表示通り茹で、氷水で締める。

(とうもろこしと豆乳のピリ辛つけ麺)
①茹でて氷水で締めたうどんを器に盛る。
②うどんの隣に、青ネギ・ミョウガ・三つ葉・大葉を乗せる。
③つけ汁の入った器に食べるラー油を入れたら完成!

◆ポイント
①つけ汁です。
とうもろこしと豆乳、めんつゆをミキサーにかけるだけです。クリーミーで麺とも絡みやすいと思います♪

②つけ汁に食べるラー油をお好みで調整して入れることです。
白ネギ・ショウガ・ニンニクをごま油と炒めて粉唐辛子を入れます。
粗熱が取れたら黒砂糖・塩・しょう油を入れて味を調えます♪

2018年7月24日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

7月は「夏に食べたい!スパイシー麺」!今回は中華!

先生 三宅 慎吉 さん(チャイナムーン 大分市椎迫)

メニュー
「黒ごま冷やし担々麺〜マヨネーズ仕立て〜」

★材料・分量(2人分)
(スープ)
◉濃口しょう油60g◉酢 20g◉砂糖 30g◉鶏ガラスープ 160g◉マヨネーズ 60g◉炒り黒すりごま 60g◉ラー油 10g

(肉みそ)
◉豚挽き肉 50g◉甜麺醤 3g◉豆板醤 3g◉サラダ油 少々

◉中華麺 2玉◉ごま油 少々◉チンゲンサイ(下茹で) 適量◉モヤシ(下茹で) 適量

◆作り方
(中華麵)
①沸騰したお湯で袋の表示時間より少し長めに茹でる。
②茹で上がったら、しっかり氷水で冷やし締める
③冷えたら、水気をよく絞るように切り、麺同士がくっつかないようごま油で和えておく。

(肉みそ)
①フライパンにサラダ油を熱し、豚挽き肉を入れてほぐしながら色が変わるまで炒める。
②甜麺醤・豆板醤を入れて炒める。

(スープ)
①砂糖・酢・濃口しょう油・鶏ガラスープを合わせ、砂糖をよく溶かす。
②合わせた調味料をマヨネーズの中に少しずつ溶かしていく。
※ダマになるので少しずつ入れて溶かして下さい。
③溶かしたら、炒った黒すりごまを入れて混ぜ、最後にラー油を入れて1回だけ混ぜる。
※これを冷蔵庫でひやしておくとさらにおいしいです。

(黒ごま冷やし担々麺〜マヨネーズ仕立て〜)
①ごま油で和えた中華麵をスープに中に入れ、下茹でしたモヤシ・チンゲンサイをのせ、肉みそをのせたら完成!

◆ポイント
①スープは混ぜるだけで作れるように調味料のバランスをとっています。
合わせたら少しずつマヨネーズに溶かし、黒ごま・ラー油と合わせれば完成です♪

②簡単肉みそです。
豚挽き肉は色が変わるまで炒めたら、甜麺醤と豆板醤のみで味付けします。
これだけでおいしい肉みそができます♪