2019年7月9日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

7月は「夏のひんやりレシピ」!今回は和食!
先生 日本料理一筋42年! 先生 山下 寿一(じゅういち)さん

メニュー
「射込みトマト〜野菜の寒天寄せ〜」

★材料・分量
◉トマト4個 (くりぬいたトマトの果肉 2個分) ◉キュウリ(千切り) 5cm ◉ハム (千切り) 2枚 ◉炒り卵(味付けなし) 卵1個分

(寒天地+マヨネーズ)
◉水 300cc ◉粉寒天 4g ◉薄口しょう油 大さじ1と1/2 ◉砂糖 大さじ1と1/2 ◉マヨネーズ 大さじ3

◆作り方
①鍋に水・薄口しょう油・砂糖を入れ、粉寒天を混ぜ、一煮立ちさせ、2分程火にかけ綺麗に溶かす。
②完熟前の綺麗なトマトのヘタを、ペティーナイフなど細めの包丁でくり抜き、
 果肉はスプーンでくり抜き、キッチンペーパーの上に出して水分を切る。
③くり抜いたトマトの内側の水分もキッチンペーパーで取り、
くり抜いた側を下にして水分がたまらないようにしておく。
④・トマトの果肉はペーパーで水気を切りみじん切りにする。
・キュウリと生ハムは1.5mm幅の千切り、長さは2cmくらいで揃える。
・炒り卵は、味付けなしで作っておく。
⑤粉寒天が溶けたら、混ぜながら人肌まで冷まし、マヨネーズに少しずつ加えのばす。
※このとき、同じ方向に混ぜると、ダマになりにくいです。
※時短で氷水などを使い冷やしてもOK。
⑥人肌に冷めたら、④の具材をすべて⑤に入れ混ぜ、サラダ寒天を作る。
⑦くり抜いたトマトにサラダ寒天を射込み、
トントンと軽く落として空気を抜き、冷蔵庫で1時間程冷やし固める。
⑧4等分にカットし皿に盛れば完成!

◆ポイント
①トマトをキレイにくりぬくこと。
 完熟ではない少し固めの、色がきれいなトマトを選ぶと
 くりぬきやすく、見た目もきれいです♪
②寒天地を作ったら寒天地でマヨネーズをのばし合わせます。
 分離させないように少しずつのばすといいです♪

2019年7月2日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

7月は「夏のひんやりレシピ」!今回はイタリアン!
先生 菅 恵美子さん (エミコの野菜食堂 大分市府内町)

メニュー
「トマトの水サラダとレモンアイス」

★材料・分量 (2人分)
(トマトの水サラダ)
◉トマト 2個 ◉キュウリ 1 本 ◉セロリ 1/2本 ◉赤タマネギ 1/2個 ◉塩 4g ◉白ワインビネガー 大さじ1
◉酢漬けケッパー 大さじ1 ◉水 50cc ◉オレガノ 少々 ◉オリーブオイル 50cc ◉ニンニク 1片 ◉パン(バゲット) 適量

(レモンアイス)
◉レモン 1個 ◉アイスクリーム 200g ◉砂糖 少々 ◉水 少々 ◉ミント 少々

◆作り方
(トマトの水サラダ)
①トマトはヘタを取り、横半分に切って種を取り、一口大に切る。
 1玉分は、器に入れてフォークで軽く潰す。もう1玉分はそのまま入れる。
②・キュウリは皮を4面むき、1cm幅に切って器に入れる。
・セロリも筋を取り、1cm幅に切って入れる。
・赤タマネギは一口大に切り、水にさらして辛味を取り、器に入れる。
③さらに器に塩・白ワインビネガー・酢漬けケッパー・水・オレガノを加え混ぜる。
オリーブオイルを入れて和える。
④バゲットは焼く前に水をピタピタとつけて焼くとパリっと焼き上がる。
 焼いたパンにニンニクをすり込み、香りの良いガーリックパンにし添えれば完成!

(レモンアイス)
①レモンの両端を切り、端の皮の黄色い所だけを削いで細かく切っておく。
②レモンを半分に切り、さらに2枚だけ輪切りレモンを切って作っておく。
③半分にしたレモンの果肉をくり抜いて器にし、果汁は絞っておく。
④ボウルに入れた市販のアイスクリームを少し混ぜ、細かく切った皮と絞った果汁の50〜80%程を味を見ながら加える。
⑤よく混ぜたらレモンの器にアイスクリームを盛り付けて冷やす。
⑥輪切りのレモンを鍋に入れ、砂糖と水を少々かけて火を入れる。
 砂糖が溶けてレモンに馴染んだら、クッキングシートにのせて冷凍する。
⑦冷凍したアイスに冷凍した輪切りレモンをのせて、ミントを添えたら完成!

◆ポイント
①トマトを半量潰して水と和えることです。びっくりする程美味しくなります♪
②レモンアイスの輪切りのアレンジです。
 砂糖・水を加えて火を入れなじませ、凍らせてデコレーションしています♪

2019年6月25日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

6月は「お酢が決め手!食欲アップレシピ」!
先生 三宅 慎吉 さん(チャイナムーン 大分市椎迫)

メニュー
「ナスと香味野菜の四川風炒め」

★材料・分量(2人分)
◉ナス 120g(大1本) ◉豚バラスライス(1cm幅に切る) 40g ◉セロリ(細切り) 20g
◉ピーマン(細切り) 1/2個 ◉赤パプリカ(細切り) 1/4個 ◉サラダ油(揚げ+炒め用)

(魚香ソース)
◉酒 15g ◉濃口しょう油 20g ◉砂糖 15g ◉オイスターソース 5g ◉酢 25g ◉豆板醤 5g ◉ニンニク(おろし) 5g
◉ショウガ(おろし) 5g ◉鶏がらスープ 15g ◉水溶き片栗粉(水1:片栗粉1) 10g ◉白ネギ(みじん切り) 15g

◆作り方
①豆板醤・おろしニンニク・おろしショウガ・酒・濃口しょう油・砂糖・オイスターソース・酢
・鶏がらスープ・水溶き片栗粉をよく合わせ、白ネギのみじん切りを加え軽く混ぜ、魚香ソースを作る。
②ナスは少し皮が残る程度に4面皮を剥き、長さを3等分にして縦に6等分〜8等分に切る。
③サラダ油を180℃に熱し、なすを素揚げし油を切っておく。
※高温でさっと揚げると油をあまり吸わず、皮も綺麗な色にあがります。
④フライパンにサラダ油をひき、セロリ・ピーマン・パプリカの香味野菜を軽く炒め、
豚バラスライスを入れさらに炒める。
⑤素揚げしたナスを加え、魚香ソースを入れて軽くトロミが出たら完成!

◆ポイント
①ナスと香味野菜です。
素揚げしたナスは香ばしくて食欲アップしますし、
香味野菜もシャキシャキと香りも良いので食べやすいと思います♪

②魚香ソースです。
ボウルに調味料を合わせて作る生合わせのソースです。
さっと短時間で作ることができるし、辛み酸味の効いた便利なソースです♪

2019年6月18日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

6月は「お酢が決め手!食欲アップレシピ」!

先生 岩本 真実(まさみ)さん
(Re”ドリフターズ キッチン 大分市府内町3-5-17 第1石松ビル204)

メニュー
「レモンチキンパスタ」

★材料・分量(2人分)
◉鶏もも肉(一口大) 200g ◉ニンニク 2片 ◉キャベツ 70g ◉レモン 1/2個 ◉塩 少々 ◉黒コショウ 少々
◉水 200cc ◉鶏がらスープ顆粒 小さじ1強 ◉パスタ(1.6mm程度)160g ◉パセリ(みじん切り) 適量

◆作り方
①パスタを袋の表示通りに、塩を入れずに茹でる。
②フライパンに、オリーブオイル・鶏もも肉・ニンニクを入れ中火にかけ、
ニンニクの香りが出て、鶏肉の周りが白くなる程度炒める。
※冷たい油から炒めると、ニンニクを焦がすことなくじっくり火を入れて香りを出せます。
③水を加え、少し煮込んでニンニクと鶏肉のうま味をスープに出す。
④キャベツをカット、白い部分は1cm幅にスライス、緑の部分はざく切りにする。
⑤キャベツをフライパンに入れ、鶏がらスープ顆粒、塩・黒コショウを加え混ぜ、煮込む。
⑥レモンは7mm幅にスライスし、加熱しすぎるとレモンのえぐみが出るので
パスタと和える直前に入れる。少し煮詰めて酸味を出す。
⑦パスタを入れて、パセリも入れて和える。お皿に盛り付けたらレモンチキンパスタの完成!

◆ポイント
①鶏肉と鶏がらスープのうま味です。
塩・コショウだけの味付けですが、鶏がらスープで少し煮込むことで、
しっかりとうま味を感じられると思います♪

②塩とレモンです。
塩と酸味はすごく合います。
レモンのえぐみが出ないよう、パスタと和える直前に入れるのがポイントです♪

2019年6月11日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

6月は「お酢が決め手!食欲アップレシピ」!今回は和食!
先生 日本料理一筋42年! 先生 山下 寿一(じゅういち)さん

メニュー
「彩り押し寿司」

★材料・分量
◉(酢飯)
◉ご飯 2合分 ◉米酢 40cc ◉砂糖 29g ◉塩 7g ◉うま味調味料 少々 ◉レモンの皮(おろし) 少々

(彩り押し寿司)
◉酢飯 1~2合 ◉サーモン 4切 ◉エビ 2個 ◉ズッキーニ 適量 ◉三つ葉 1/2束 ◉錦糸卵 卵1個分
◉スライスチーズ 1枚 ◉焼き海苔 1枚 ◉甘酢ショウガ(ガリ) ◉レモン果汁(サーモン用) 1/2個

◆作り方
①米酢・砂糖・塩を鍋に入れ沸かし、砂糖と塩をよく溶かしすし酢を作る。
②すし飯用で少しかために炊いた炊きたてのご飯に、熱々のすし酢をまわしかけたら
米粒を潰さないようにすばやく切るように混ぜ、レモンの皮をおろしたものを入れる。
③すし酢がまんべんなく絡めば酢飯の完成、冷まして使用する。
④同じサイズの型を2つ用意し、型にラップを敷き底に具材を斜めに並べる。
・サーモンはレモン果汁で和えておく。
・エビは背腸をとってのし串を打ちまっすぐにし、塩茹でして2枚におろしておく。
エビは表面が下になるように置く。
・ズッキーニはえびの長さに合わせて薄く切り、塩をふってしんなりさせる。
・三つ葉もえびの長さに合わせて切り、軸だけを塩茹でする。
・チーズ・錦糸卵もえびと同じ長さくらいにしておく。
⑤並べ終わったら型の1/3くらい酢飯を入れる。
⑥型に合わせた焼き海苔を敷き、さらに酢飯を型の2/3まで入れる。
⑦最後にもう1つの型を重ねて押す。型から出すと綺麗な彩寿司の出来あがり。
お皿に盛りつけ、ガリ、ショウガの甘酢漬けを添えれば完成!
※ラップをしたままカットすると綺麗に切れます。

◆ポイント
①お酢ビネガーです。
酢飯にももちろん使いますが、
具材にもレモンなどの酢を使うことでさっぱりと仕上げます♪

②こちらも押すプレスです。
具材を下に並べ酢飯を重ねていく手法で押して作るので
カットする時も食べる時も崩れにくいです♪