TOSについて

番組審議会だより

番組審議会は放送法に定められた機関で、番組内容の充実・向上を 目指すことを目的にしています。
テレビ大分の番組審議会は昭和44年12月9日に発足し、8月と12月(平成21年より)を除く毎月1回、定例で開催しています。
審議会より出されたご意見を番組制作等の参考にさせていただいています。
現在は下記の9名の方々に委員を委嘱しており、放送番組や番組基準などの審議を依頼しています。
令和2年度の番組審議会委員 (敬称略)
委員長橋本 均 (会社役員)
副委員長福田 健二  (会社役員)
委員吉田 祐治 (弁護士)
西村 靖史 (大学教授)
酒井 祐一 (会社員)
小牧 渉 (大学教授)
雨宮 洋子 (ケアセンター施設長)
井上 礼子 (裁判所調停委員)
足立 良子 (会社顧問)

第533回テレビ大分番組審議会

2020年07月31日更新

開催日  令和2年7月14日(火)
場 所  テレビ大分本社 3F 大会議室
議 題  1、6月の「視聴率調査結果」と「視聴者対応」の報告
     2、番組の視聴・合評
「第29回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品 車輪のアスリート~20歳の若者が生まれ変わった1年」(制作部)      5月17日(土) 16時00分~16時55分
      4、次回開催  令和2年月9月8日(火)

≪視聴・合評の概要≫
☆青年が車いすマラソンと出会って、アスリートとして成長していく姿がよく描かれていた。特に、父親の想いなど家族との関わりの部分に感動した。

☆カメラを通じて、制作者の気持ちがとてもよく伝わってきた。児玉さんのものすごくいい表情が撮れており、惹き込まれるものがあった。

☆ドキュメンタリーでありながら、主人公のインタビューがほぼ無く、彼を取り巻く周囲の人々との人間関係で構成されている点がとても良かった。音楽と映像がマッチしており、感情移入できた。 ☆無口な青年が車いすマラソンを通じて成長していく姿を描いたドキュメンタリーだったが、彼や家族の表情が変化していく様子がとても印象的だった。

☆大分県内だけでなく、全国で放送されるということなので、大分と別府の地理的説明があると良かった。また、一部しゃべっている言葉が聞きづらい部分があったのでスーパーで表示してほしかった。

☆ドキュメンタリーは作り手の想いが強すぎて時に理解できないと感じる部分もあるが、今回の作品は想いがよく伝わってきて素晴らしかった。

最近の記事

バックナンバー

お問い合わせ
テレビ大分番組審議会事務局097-532-9111