TOSについて

番組審議会だより

番組審議会は放送法に定められた機関で、番組内容の充実・向上を 目指すことを目的にしています。
テレビ大分の番組審議会は昭和44年12月9日に発足し、8月と12月(平成21年より)を除く毎月1回、定例で開催しています。
審議会より出されたご意見を番組制作等の参考にさせていただいています。
現在は下記の9名の方々に委員を委嘱しており、放送番組や番組基準などの審議を依頼しています。
平成30年度の番組審議会委員 (敬称略)
委員長橋本 均 (会社役員)
副委員長福田 健二  (会社役員)
委員吉田 祐治 (弁護士)
西村 靖史 (大学准教授)
酒井 祐一 (会社員)
小牧 渉 (大学教授)
雨宮 洋子 (ケアセンター施設長)
井上 礼子 (裁判所調停委員)
足立 良子 (会社役員)

第513回テレビ大分番組審議会

2018年05月25日更新

開催日  平成30年5月8日(火)

場 所  テレビ大分本社 4F 会議室

議 題  1、4月の「視聴率調査結果」と「視聴者対応」の報告

     2、番組の視聴・合評

      「第27回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品1300年を継ぐ~国東 六郷満山の四季~」(制作部)

     5月6日(日) 16時30分~17時25分

     3、次回開催  平成30年月6月12日(火)

 

≪視聴・合評の概要≫

☆六郷満山の歴史や各種行事の意味合いなどが、バランスよく紹介された番組であり、解説もとても分かりやすかった。映像にも迫力があり、音楽もよくマッチしていた。

 

☆紹介する寺やテーマが変わるので仕方がない部分もあるかと思うが、タイトルに「六郷満山の四季」とあるにも関わらず冬から秋にシーンが変わるなどしており違和感があった。

 

☆1300年祭については、他の番組などでも取り上げられておりポスターやチラシもよく目にするが、今回はその真っ只中で生活をしている人々に焦点を当てるというこれまでと違う切り口でありおもしろかった。

 

☆六郷満山の活性化のために様々な取り組みをしているという話だったが、その結果、参拝に訪れる人が増えたのかという具体的な数字が知れるとよかった。素敵なイベントがたくさん開催されているようだが、総じてもう少し発信力が必要だと感じた。

 

☆普段聞きなれない仏教の言葉が多く出てきたが、耳で聞くだけでは分かりにくい言葉もスーパーや字幕があることで分かりやすかったように感じた。

 

☆若い人に焦点を当てたことにより、とてもやわらかく入り込みやすい作品に仕上がっていた。音楽もよく吟味されておりとても心地がよかった。

 

最近の記事

バックナンバー

お問い合わせ
テレビ大分番組審議会事務局097-532-9111