TOSについて

番組審議会だより

番組審議会は放送法に定められた機関で、番組内容の充実・向上を 目指すことを目的にしています。
テレビ大分の番組審議会は昭和44年12月9日に発足し、8月と12月(平成21年より)を除く毎月1回、定例で開催しています。
審議会より出されたご意見を番組制作等の参考にさせていただいています。
現在は下記の9名の方々に委員を委嘱しており、放送番組や番組基準などの審議を依頼しています。
平成31年度の番組審議会委員 (敬称略)
委員長橋本 均 (会社役員)
副委員長福田 健二  (会社役員)
委員吉田 祐治 (弁護士)
西村 靖史 (大学教授)
酒井 祐一 (会社員)
小牧 渉 (大学教授)
雨宮 洋子 (ケアセンター施設長)
井上 礼子 (裁判所調停委員)
足立 良子 (会社特別顧問)

第523回テレビ大分番組審議会

2019年05月31日更新

開催日  令和元年5月14日(火)
場 所  テレビ大分本社 4F 会議室
議 題  1、4月の「視聴率調査結果」と「視聴者対応」の報告
     2、番組の視聴・合評      「ハロー大分(ダイジェスト版)」(制作部)
     4月13日(土) 9時55分~11時30分
      3、次回開催  令和元年月6月11日(火)

≪視聴・合評の概要≫
☆いつもどおり、楽しい番組に仕上がっていた。グルメのネタは、他局でも同じようなものを放送しているので、視聴者が興味を持つポイントを探して他局との差別化を図ってほしい。

☆初のドローン中継ということでドキドキがこちらにまで伝わってきておもしろかった。今後も、ドローンを活用して、普段見ることが出来ない場所や風景を見せてほしい。

☆今回紹介されていた、カフェはどこも似たような雰囲気で、紹介されたメニューも似ていたのでもっと構成を工夫してほしい。また、今回のネタは、カフェ、市場、スーパーマーケットなど男性の視聴者が興味を持つものが少なかったように感じた。

☆番組全体として、テンションが高すぎたり、空回りしているような感じを受けた。土曜の朝にふさわしい、見ていて心地がよいような番組を目指してほしい。

☆新MCの高橋巨典さんは、安定感がありソフトな感じがして良かった。巨典さんの落ち着いたトーンで、番組全体をコントロールしていってほしい。

☆「井下チョイス」では社会性のあるネタを取り上げており、全体的ににぎやかな番組の中でいいポイントになっており良かった。今後も社会性のあるネタを重くなりすぎないように、伝えていってほしい。

最近の記事

バックナンバー

お問い合わせ
テレビ大分番組審議会事務局097-532-9111