TOSについて

番組審議会だより

番組審議会は放送法に定められた機関で、番組内容の充実・向上を 目指すことを目的にしています。
テレビ大分の番組審議会は昭和44年12月9日に発足し、8月と12月(平成21年より)を除く毎月1回、定例で開催しています。
審議会より出されたご意見を番組制作等の参考にさせていただいています。
現在は下記の9名の方々に委員を委嘱しており、放送番組や番組基準などの審議を依頼しています。
平成30年度の番組審議会委員 (敬称略)
委員長橋本 均 (会社役員)
副委員長福田 健二  (会社役員)
委員吉田 祐治 (弁護士)
西村 靖史 (大学准教授)
酒井 祐一 (会社員)
小牧 渉 (大学教授)
雨宮 洋子 (ケアセンター施設長)
井上 礼子 (裁判所調停委員)
足立 良子 (会社役員)

第516回テレビ大分番組審議会

2018年09月28日更新

開催日  平成30年9月11日(火)

場 所  テレビ大分本社 4F 会議室

議 題  1、7,8月の「視聴率調査結果」と「視聴者対応」の報告

     2、番組の視聴・合評

       「おおいた開運おかわりツアー!!」(制作部)
       8月4日(土) 15時00分~15時55分

       3、次回開催  平成30年月10月9日(火)

 

≪視聴・合評の概要≫

☆五行思想と絡めて大分県内のパワースポットを巡るという企画は面白かったが、内容とあまりリンクしておらず残念だった。五行思想とはどういったものなのかに関して、冒頭にもう少し詳しく説明をしてほしかった。

 

☆竹内力さんが、佐伯の番匠川にかかる橋のところで、父親との思い出を語るシーンは雰囲気がとても良くBGMも良く合っていて感動した。

 

☆55分の番組で10か所を紹介しており情報が多すぎてどこに焦点を当てて楽しめばよいかが、分かりにくい番組だと感じた。訪れるスポットの魅力を伝えるのか、タレントのキャラクターを前面に出しておもしろさを伝えるのか、バランスが難しいと感じた。

 

☆キャラクターの濃いタレントを起用しており、おもしろい部分もあったが、全体的に下ネタが多すぎて品がないと感じる部分が多かった。笑えるというより不愉快に感じた。

 

☆バラエティ番組として見れば、土曜日の日中におもしろおかしく楽しめる番組だった。しかし、人によってはおもしろく感じるタイミングで、眉をひそめる人もおり、バラエティの難しさを感じた。

 

☆島田秀平さんに関しては、知らない人も多いと思うのでの説明がもう少し欲しかった。大分出身でない彼が、大分出身のタレント2人に大分を案内するという構図がよく分からなかった。

 

最近の記事

バックナンバー

お問い合わせ
テレビ大分番組審議会事務局097-532-9111