TOSについて

番組審議会だより

番組審議会は放送法に定められた機関で、番組内容の充実・向上を 目指すことを目的にしています。
テレビ大分の番組審議会は昭和44年12月9日に発足し、8月と12月(平成21年より)を除く毎月1回、定例で開催しています。
審議会より出されたご意見を番組制作等の参考にさせていただいています。
現在は下記の8名の方々に委員を委嘱しており、放送番組や番組基準などの審議を依頼しています。
令和3年度 テレビ大分 番組審議会委員 (敬称略)
委員長橋本 均 (会社役員)
副委員長福田 健二  (会社役員)
委員吉田 祐治 (弁護士)
西村 靖史 (大学教授)
酒井 祐一 (会社役員)
雨宮 洋子 (ケアセンター施設長)
井上 礼子 (裁判所調停委員)
足立 良子 (会社役員)

第543回テレビ大分番組審議会

2021年11月30日更新

開催日  令和3年11月9日(火)
場 所  テレビ大分本社 3F 大会議室 議 題
          1、10月の「視聴率調査結果」と「視聴者対応」の報告
     2、番組の視聴・合評   「FNS九州8局共同制作ドキュメント九州  ジェンダーレスですけど何か?」(制作部)      9月23日放送分      3、次回開催  令和4年1月11日(火)

≪視聴・合評の概要≫

☆身近にLGBTQの方がいないので、このドキュメンタリーで思いを知る事が出来た。 ☆普通とはなんだろう、と最後まで考えさせられる番組だった。

☆ドキュメンタリーだけど教育番組のようで、とてもいい番組だった。 ☆樹さんがとても天真爛漫でありのままを生きていて、周りの方も素直に見守っているのが素敵だった。

☆挑戦的なタイトルで難しいテーマだったが、構成がしっかりしていて楽しくさわやかな気持ちで最後まで見ることが出来た。

最近の記事

バックナンバー

お問い合わせ
テレビ大分番組審議会事務局097-532-9111