TOSについて

公益財団法人 TOSみどり森・守財団

TOSみどり森・守財団設立趣旨
近年、地球規模で季節はずれの大洪水や渇水さらに気温の上昇に伴う氷河の溶解など地球温暖化やオゾン層の破壊に伴う異常気象の現象がみられます。こうした中、1997年に地球温暖化防止京都会議 が開かれ、世界の各国が二酸化炭素の排出量削減など具体的な数値目 標を掲げ(議定書)、地球温暖化防止に取り組んでいます。
また、大分県をはじめ、全国の自治体では森林環境保全などのため森林環境税を導入または導入を検討するなどし、森林づくりに本格的に取り組んでいます。
森が海を育て、川の源となり人間の営みと大きく関わっていることに加えて自然の生態系への影響が大きいことから、後世の人たちに私たちが享受したすばらしい森林環境を残さなければなりません。 森を守り、育てるための県民への啓発や活動などへの助成や表彰そ して情報提供などの事業を行い、豊かな森林環境の実現を目指すことを目的に設立。
組織は、理事会、評議員会からなり、理事に9名、監事2名、評議員は、環境問題に造詣の深い団体の代表者など9名となっています。
事業内容
(1)森林、河川、海を守り、育てる啓発のための諸行事
(2)森林、河川、海を守り、育てる活動に対する助成
(3)森林、河川、海を守り、育てる功績に対する表彰
(4)森林、河川、海を守り、育てることに関する情報提供
設立年月日
2006年(平成18年)4月14日
公益財団法人移行
2012年(平成24年)4月1日

中津市三光「上田口桜の丘づくり植樹大会」が開催されました

2017年04月03日更新

TOSみどり森・守財団では、「森林、河川、海を守り育てる啓発のための諸行事」の主要事業として植樹大会を毎年実施しています。

平成28年度は、9回目となり、3月5日(日)に中津市三光で地域づくりに取り組んでいる「上田口桜の丘づくり協議会」と共催で桜の丘づくりに取り組みました。 植樹場所は、中津日田道路田口IC周辺です。

午前11時からの開会式では、藤澤民雄理事長が「植樹したサクラが満開になり、憩いの場、観光の名所になる事を願っています。」と挨拶。また、上田口桜の丘づくり協議会の鳥居場務代表から「植樹した桜を守り、桜でいっぱいの地区にしたいです。」との挨拶をいただき、森林組合の方からは苗木の植え方についての説明がありました。
参加者は、中津市や上田口地区の方々を中心に、「山口小学校や三郷小学校の児童・保護者」「桜ともみじの会」や「宇佐自然と親しむ会」など、約160人で桜やモミジの苗木を 300本植えました。
また、植樹の後は、八面山野外音楽堂で、お弁当をいただきながら恒例のお楽しみ抽選会等、参加者の楽しい交流会が行われました。


中津市長も参加されての記念撮影


緑の少年団もサクラやモミジを植樹しました



最近の記事

バックナンバー