TOSについて

公益財団法人 TOSみどり森・守財団

TOSみどり森・守財団設立趣旨
近年、地球規模で季節はずれの大洪水や渇水さらに気温の上昇に伴う氷河の溶解など地球温暖化やオゾン層の破壊に伴う異常気象の現象がみられます。こうした中、1997年に地球温暖化防止京都会議 が開かれ、世界の各国が二酸化炭素の排出量削減など具体的な数値目 標を掲げ(議定書)、地球温暖化防止に取り組んでいます。
また、大分県をはじめ、全国の自治体では森林環境保全などのため森林環境税を導入または導入を検討するなどし、森林づくりに本格的に取り組んでいます。
森が海を育て、川の源となり人間の営みと大きく関わっていることに加えて自然の生態系への影響が大きいことから、後世の人たちに私たちが享受したすばらしい森林環境を残さなければなりません。 森を守り、育てるための県民への啓発や活動などへの助成や表彰そ して情報提供などの事業を行い、豊かな森林環境の実現を目指すことを目的に設立。
組織は、理事会、評議員会からなり、理事に9名、監事2名、評議員は、環境問題に造詣の深い団体の代表者など9名となっています。
事業内容
(1)森林、河川、海を守り、育てる啓発のための諸行事
(2)森林、河川、海を守り、育てる活動に対する助成
(3)森林、河川、海を守り、育てる功績に対する表彰
(4)森林、河川、海を守り、育てることに関する情報提供
設立年月日
2006年(平成18年)4月14日
公益財団法人移行
2012年(平成24年)4月1日

今年も、大分市に苗木を600本贈呈しました

2017年10月03日更新

TOSみどり森・守財団では、「おおいた食と暮らし祭典」の会場で無料配布される苗木を、毎年大分市に寄贈しています。

今年は、9月26日(火)に、藤澤民雄理事長が大分市を訪れ贈呈式が行われました。

式では、藤澤理事長が「大分市が進めています緑化推進事業の趣旨に賛同し、無料配布用苗木を贈呈します。」と目録を読み上げ、サザンカの苗木を贈呈しました。これに対し、佐藤樹一郎市長は、「地球温暖化が進み、みどりの大切さは皆の認識する所です。頂いた苗木が住宅の庭に植えられ大分市の緑化に寄与してくれるものと思います。」とお礼の言葉を述べられました。

財団から、大分市への苗木の寄贈は今年で9回目になります。贈った苗木はサザンカ、ハナミズキ、ブルーベリー、オリーブなど9種類600本です。

これらの苗木は、10月14日(土)午前10時から、おおいた食と暮らしの祭典のイベントの一つとして、これまでは植木造園展会場(城址公園)でのみ配布されていましたが、今年は、城址公園会場も含め、若草公園会場、ふないアクアパーク会場の3会場で市民に無料配布されます。

最近の記事

バックナンバー