2018年10月16日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

10月は「秋の味覚を楽しむレシピ」!

先生 園田 寿さん(シュガーズキッチン 大分市羽屋)

メニュー
「きのことベーコンの和風キッシュ」
  

★材料・分量(15cmデコ型1台分)
(具材)
◉お好みのきのこ 合わせて150g(今回は椎茸・エリンギ・シメジ)◉ベーコン 2枚◉白ネギ 1本◉塩 少々◉黒コショウ 少々◉オリーブオイル 適量

(生地)
◉卵 1個◉無調整豆乳 150cc◉合わせ味噌 大さじ1◉ピザ用チーズ 50g◉冷凍パイシート(長方形) 2枚

◆作り方
①冷凍パイシートを解凍しておく。
②2枚を少しずらして重ね、麺棒で押さえてのばして型に敷きこむ。
③生地にフォークで穴をあけ、冷蔵庫で30分以上寝かせる。
④30分寝かせたらクッキングシートをのせ、膨らまないよう重石をのせて180℃に予熱したオーブンで30分焼く。
⑤フライパンにオリーブオイルを熱し、1cm幅に切ったベーコンを炒める。
⑥小口切りした白ネギ・きのこを炒め、しんなりしたら塩・黒コショウをふり、このまま冷まして粗熱を取る。
⑦ボウルに卵・合わせ味噌を入れたらよく混ぜて味噌を溶き、滑らかになったら無調整豆乳を加えてまぜる。
⑧④の焼いたパイシートの上に、ピザ用チーズの半量を入れて冷ました具材を全部のせて⑦のp生地を流し入れる。
⑨残りのピザ用チーズをのせ、180℃に予熱したオーブンで30分〜40分焼く。
⑩焼きあがったら冷まして型から抜き、切ったら完成!

◆ポイント
①具材にきのこを3種類をたっぷり入れてます。
ベーコンや白ネギは炒め時間が短くてお腹も満たしてくれます♪

②和風の生地は卵・味噌・豆乳を合わせるだけと
お手軽なのに、コクがあっておいしく仕上がります。豆乳は生クリームよりしっかり固まるので失敗しにくいです♪

2018年10月9日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

10月は「秋の味覚を楽しむレシピ」!今回は和食!

先生 日本料理一筋41年!先生 山下 寿一さん
そして今週はシャッフルウイーク!という事で、助手を猪野ちゃんが務めます!

メニュー
「秋いっぱいの豚汁」

★材料・分量
◉豚バラ肉 150g◉椎茸 2個◉シメジ 50g◉ゴボウ 50g◉ニンジン 40g◉大根 100g◉サツマイモ 150g◉油あげ 20g◉白ネギ 1/2本◉合わせ味噌 適量◉作った出汁 適量◉ごま油 小さじ2◉サラダ油 小さじ2◉一味 少々

(出汁)
◉いりこ 1つかみ◉混合節 1つかみ◉水 1.5リットル

◆作り方
(出汁)
①いりこを一晩水につけ、その水ごと煮立てる。
②沸騰したらアクを取り、混合節というサバやカツオなどの入ったうどんなどの出汁をひく削り節を入れて丁寧にアクを取って熱いうちにこす。

(豚汁)
①椎茸はスライス、シメジは裂いておく。
②ニンジン・大根は薄く拍子切りにする。
③ゴボウはささがきにし、アク抜きのため水にさらしておく。
④サツマイモは少し皮を残し、水気を残したまま軽くラップをかけて600wで5分程度加熱する。
⑤鍋にごま油とサラダ油を半々ひき、豚肉を炒める。
⑥根菜類(大根・ニンジン・ゴボウ)を入れ、少ししんなりするまで炒める。
⑦少ししんなりしてきたら、椎茸とシメジを入れ、軽く炒める。
⑧出汁を具材が隠れてしまう程度入れ、根菜類に火が通るまで煮る。
⑨ニンジンが指で潰れる柔らかさになったら、④のサツマイモ・油あげを入れる。
⑩少し煮立てたら、火を止めて味噌を溶き、トッピングに小口切りの白ネギ・一味をのせて完成!

◆ポイント
①私の豚汁は一度具材を炒めます。
ごま油の香りで炒めた具材はコクが出て、味噌とも相性がいいです♪

②豚汁のおいしさを決めるおいしい出汁です。
一晩水につけたいりこを、煮立ててかつお節を加えて作っています♪

2018年10月2日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

10月は「秋の味覚を楽しむレシピ」!今週はイタリアン!

先生 菅 恵美子さん(オステリア ブーチョ 大分市府内町)

メニュー
「きのこたっぷりポルペッティ」
  

★材料・分量(2人分)
(ポルペッティ)
◉粗挽き豚挽き肉 300g◉タマネギ(粗みじん切り) 40g◉ニンニク(みじん切り)1/2片◉パン粉 30g◉牛乳 100cc◉卵 1個◉赤ワイン 100cc◉塩 3g◉黒コショウ 少々◉ナツメグ 少々◉モッツァレラチーズ 100g

(ソース)
◉エリンギ 50g◉マイタケ 50g◉タマネギ(みじん切り) 20g◉バター 10g◉赤ワイン 50cc◉カットトマト(水煮缶) 400g◉水 100cc◉塩 適量◉パルミジャーノチーズ(トッピング用) 適量

◆作り方
(ソース)
①フライパンにバターを熱し、お好きなキノコを中火から強火の間でキュッキュッと押しながら水分を飛ばすように焼き色がつくまで、あまり動かさずに炒める。
②少し場所をあけ、オリーブオイル・みじん切りのタマネギ・塩1つまみを入れて炒め合わせる。
③タマネギがしんなりしたら赤ワインを入れ、アルコールを飛ばしたら水煮のカットトマト・水を入れて一煮立ちさせ、塩で味を調えたら完成!

(ポルペッティ)
①タマネギ・ニンニク・塩1つまみ(分量外)を、しんなりする程度炒めて冷ましておく。
②パン粉を牛乳に浸しておき、赤ワインは煮詰めておく。
③粗挽きの豚挽肉・冷ました①・牛乳に浸したパン粉・卵・②の煮詰めた赤ワイン・黒コショウ・塩・ナツメグを粘りが出るまで混ぜる。
④4等分にして、モッツァレラチーズを包む。
⑤オリーブオイルを熱したフライパンにポルぺッティを置き、じっくりがっつり黒く焼き色がつくまで全面焼く。
⑥焼けたら、耐熱皿に入れてソースをかける。
⑦トントンとソースをなじませてパルミジャーノチーズをかけ、オーブン200℃で10~15分程度焼き、肉の厚い所に串をさして肉汁が出てくれば完成!

◆ポイント
①ポルペッティのタネは、食感の良い粗挽きの豚肉そしてパン粉を牛乳に浸して使うと肉との馴染みが良くふっくら仕上がります。
赤ワインを煮詰めて入れると酸味が入って味がグッと味が締まります♪

②ソースはキノコをしっかり焼くというのがポイント!
キュキュッと鳴かせながら香りを出して作るとおのずと香りの良いソースが出来上がります♪

2018年9月25日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

9月は「夏疲れにおすすめ!パワーレシピ」!

先生  挾間 一雄さん(hasama house 大分市大在北)

メニュー
「にんにくの味噌漬け&砂肝のスタミナサンド」
  

★材料・分量(2人分)
(にんにく味噌)
◉にんにく 2房◉白味噌 250g◉上白糖 50g◉酒 60g◉みりん 20g◉卵黄 2個

(砂肝スタミナサンド)
◉砂肝 150g◉にんにく 1房◉ジャガイモ 1個◉サラダ油 少々◉塩 少々◉コショウ 少々◉トマト 適量◉レタス 適量◉マスタード 適量◉パン 2人分

◆作り方
(にんにく味噌)
①白味噌・上白糖・酒・みりん・卵黄を、火にかける前によく混ぜる。
②強火で火にかけ、味噌がフツフツしてきたら弱火にし、焦げないように照りが出るまで炊く。
③皮をむいたにんにくを入れ、少し加熱する。
※ホクホクのにんにくが良い人は、最初から入れると良いです。
④加熱したらそのまま冷やし、容器に入れて2日くらい漬ければ完成!(冷蔵保存で1週間ほど保存できます)
※空気に触れないよう、味噌にラップを密着させて保存してください。
※残った味噌は、味噌炒め等に使えます。

(砂肝スタミナサンド)
①フライパンにサラダ油・皮をむいたにんにくを丸ごと入れ、じっくりと弱火で色がつくまで火を入れる。
②下茹でしたジャガイモを食べやすい大きさに切り、砂肝は7mmくらいにスライスする。
③にんにくに色がついてきたら、ジャガイモと砂肝を入れ、強火でジャガイモに焼き色をつけるように炒める。
④砂肝に火が入ったら、塩・コショウで味を調える。
⑤温めたパンに切れ目を入れ、マスタード・レタス・スライストマト・砂肝炒めをたっぷり入れれば完成!

◆ポイント
①にんにくの味噌漬けは、味噌や卵黄、調味料を合わせたら火にかけて照りが出るまで炊いて行きます。
卵黄や調味料をよく合わせることと保存性を高めるためです。
にんにくも入れ少しだけ加熱してそのまま2日程漬ければ完成です♪

②砂肝スタミナサンドは、ジャガイモは下茹で、砂肝はスライスしておくと短時間で炒められ、パンに挟んだ時にも食べやすいです♪

2018年9月18日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

9月は「夏疲れにおすすめ!パワーレシピ」!今回は中華!

先生 三宅 慎吉 さん(チャイナムーン 大分市椎迫)

メニュー
「レバニラ炒め」

★材料・分量(2人分)
◉牛レバー 100g◉ニラ 1束◉タマネギ(スライス) 50g◉シメジ 30g◉ニンニク(スライス) 2片◉サラダ油 適量◉ごま油(仕上げ用) 少々

(牛レバー下味用)
◉酒 少々◉塩 少々◉白コショウ 少々◉おろしショウガ 少々◉片栗粉 適量

(合わせ調味料)
◉豆板醬 2g◉酒 10g◉濃口しょう油 20g◉砂糖 6g◉オイスターソース 6g◉ケチャップ 6g◉鶏ガラスープ 10g◉水溶き片栗粉(水3g・片栗粉3g)

◆作り方
(合わせ調味料)
①ボウルに豆板醬・酒を入れて溶く。
②濃口しょう油・砂糖・オイスターソース・ケチャップ・鶏がらスープ・水溶き片栗粉を合わせる。

(牛レバーの下準備)
①食べやすい大きさに切り、水で2〜3回洗って血合いや臭み成分を洗い、水気をキッチンペーパーで取る。
②酒・塩・白コショウ・おろしショウガを入れてよく揉み込み、片栗粉をまぶしてコーティングする。

(レバニラ炒め)
①多めの油でレバーを揚げ炒めし、火が通ったら一旦取り出して、レバーのくさみ成分が出た油を拭く。
②サラダ油を加えて熱し、ニラの茎部分・タマネギ・ニンニク・シメジを炒める。
③油が回ったら残りのニラを炒め、取り出しておいたレバーを加えて合わせ調味料を入れ、さっと炒めて味を絡める。
④仕上げにごま油を入れて香りを出したら完成!

◆ポイント
①牛レバーの下準備です。
水で血合いや臭み成分を洗って水気を切ります。下味をもみ込み片栗粉をまぶして少し多めの油で炒めると、美味しいレバニラ炒めが作れます♪

②合わせ調味料です。
豆板醤やオイスターソース、隠し味にケチャップも少し加えてコクをだしてます♪