2020年9月29日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

本日のご当地食材は国東市のオリーブオイル

メニュー
「オリーブオイルと梨のパンナコッタ」
先生 大分市大在北に店を構えるhasama houseオーナーシェフ 挾間 一雄さん

★材料(5~6人分)
(パンナコッタ)
◉牛乳 500ml ◉生クリーム 100ml ◉砂糖 85g ◉水 100ml ◉ココナッツファイン 50g 
◉板ゼラチン 7.5g ◉梨 1/2個
(黒オリーブのシロップ煮)
◉黒オリーブ(塩漬け) 5個 ◉水 50ml ◉砂糖 50g
(トッピング)
◉オリーブオイル 適量

◆作り方
(パンナコッタ)
①板ゼラチンは水(分量外)で戻し、梨は一口大に切っておく。
②鍋に牛乳・砂糖・ココナッツファインを入れ、加熱する。
③沸騰したら、水で戻しておいたゼラチンを加え溶かす。
④ボウルにザルを重ね、③を裏ごしし、残ったココナッツファインに水を流し
 水分を絞る。*ココナッツファインについたゼラチンを残さず使う為です。
⑤④のボウルの生地を氷にあて、15分程混ぜながらトロミをつける。
 *生クリームと同じ濃度にしておくとこの後、水分と油分がよく混ざります。
⑥トロミがついたら生クリーム・梨を入れて混ぜ、型に流し冷蔵庫で冷やし固める。

(黒オリーブのシロップ煮)
①塩漬けの黒オリーブを軽く湯通しし、輪切りにする。
②小鍋に水・砂糖を入れ、砂糖が溶けたら①を加え5~6分程煮る。

(仕上げ)
冷やし固めたパンナコッタに黒オリーブのシロップ煮をのせ、オリーブオイルをかける。

 

2020年9月22日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

本日のご当地食材は杵築市の大分べっぴんねぎ

メニュー
「ねぎと豆腐のニョッキ〜フレッシュトマトソース〜」
大分市府内町 オステリア ブーチョ オーナーシェフ 菅恵美子さんに教えていただきます。

★材料・分量(2人分)
(ねぎと豆腐のニョッキ)
◉青ネギ 50g ◉木綿豆腐 200g ◉薄力粉 200g ◉卵黄 1個分 ◉パルミジャーノチーズ 10g ◉塩 3g ◉ナツメグ 少々 ◉黒コショウ 少々
(フレッシュトマトソース)
◉トマト 中玉2個 ◉タマネギ 50g ◉赤唐辛子 1/2本 ◉塩 1g ◉オリーブオイル 大さじ2
(仕上げ)
◉パルミジャーノチーズ 5g ◉槍ネギ 少々

◆作り方
(ねぎと豆腐のニョッキ)
①青ネギは小口切りし、木綿豆腐は水切りしておく。
②ボウルに木綿豆腐を入れ手で潰し、薄力粉・パルミジャーノチーズ・卵黄・塩・ナツメグ・黒コショウを加えひとまとめにして青ネギを加え混ぜる。
*パサパサしている時は、水を少し足す。
③打ち粉(薄力粉分量外)をし、②を食べやすい大きさに切り、沸騰したお湯に入れ、フツフツするくらいの火加減で茹で浮き上がってきたら完成。
*少し置く時はオリーブオイルを混ぜておくとくっつきません。

(フレッシュトマトソース)
①タマネギは繊維に逆らって薄くスライス、トマトは粗みじん切りにする。
②フライパンにオリーブオイル(大さじ1)を熱し、タマネギと塩を加え炒め、タマネギが透明になったら赤唐辛子を加えて炒める。
③粗みじん切りのトマトを半量加え、水分が出るように潰しながら炒める。

(仕上げ)
①フレッシュトマトソースにねぎと豆腐のニョッキを加え炒め絡める。
⑤残りのトマト半量とオリーブオイル(大さじ1)を加え、なじませながらトマトに火を通す。
⑥お皿に盛り、槍型に切った槍ネギとパルミジャーノチーズをふる。

2020年9月15日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

本日のご当地食材は 中津市耶馬溪町のおおいた豊後牛

メニュー
「おおいた豊後牛のプルコギ」
先生 韓国苑 総料理長 姫野慶太さん

★材料(2人分)
◉牛肩ロース肉(スライス) 200g ◉梨(おろし) 1/2玉 ◉ごま油 20g
(漬けダレ)
◉水 500ml ◉濃口しょう油 150ml ◉酒 100ml ◉蜂蜜 60g ◉砂糖 55g ◉ニンニク(おろし) 10g ◉赤唐辛子 2g
(具材)
◉ピーマン 2個 ◉タマネギ 1/2個 ◉ニンジン 70g ◉シイタケ 4個 ◉シメジ 1/2パック ◉青ネギ 50g ◉白髪ネギ 1本分 ◉春雨 25g ◉すりごま 20g ◉一味唐辛子 適量 ◉卵 2個

◆作り方
①鍋に漬けダレの材料を全て入れて一煮立ちさせ、粗熱を取る。
②①をボウルに移し、梨のすりおろし・ごま油を加え混ぜ、牛肩ロースを加え1時間〜1日冷蔵庫で漬け込む。 
③ピーマン・ニンジンは3mm程の細切り、タマネギ・シイタケはスライス、青ネギは5cmの長さに切り、シメジはほぐしておく。春雨は水で戻しておく。白ネギは白髪ねぎにする。
④②を鍋に移し加熱し灰汁が出たら取る。
⑤鍋に彩りよく③の具材を並べ、最後に全体に白すりごま・一味唐辛子をふる。
⑥肉・野菜に火が通ったら、溶き卵につけながら食べる。

2020年9月8日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

本日のご当地食材は九重町のブルーベリー!

メニュー
「ブルーベリーソースのハンバーグ」
料理教室シュガーズキッチンの園田 寿さんが作ってくれます

★材料★(2人分)
(ブルーベリーソース)
◉ブルーベリー 50g ◉蜂蜜 小さじ2 ◉濃口しょう油 小さじ1 ◉赤ワイン 大さじ1・1/2 
◉塩 少々 ◉黒コショウ 少々
(ハンバーグ)
◉粗挽き合挽き肉 200g ◉タマネギ(粗みじん切り) 1/4個 ◉パン粉 15g ◉牛乳 大さじ4 ◉卵 1/2個 
◉塩 少々 ◉黒コショウ 少々 ◉ナツメグ 少々 ◉オリーブオイル 大さじ1
(その他)
◉生クリーム 適量 ◉マッシュポテト 適量 ◉パセリ(みじん切り) 少々
 
◆作り方
(ブルーベリーソース)
①小鍋にブルーベリーソースの材料を全て入れ、弱火から中火の火加減で煮詰める。
②ブルーベリーがプチプチと弾けソースの色が変わってきたら、マッシャーやフォークでブルーベリーを少し潰し、とろみが出るまで煮詰める。
(ハンバーグ)
①タマネギは、粗みじん切りにして耐熱容器に入れラップをして電子レンジ600Wで2分加熱して冷ましておく。
②パン粉は牛乳を加え浸しておく。
③ボウルに粗挽き合挽き肉を入れ、よくこねる。
④タマネギ・パン粉・卵・牛乳・塩・黒コショウ・ナツメグを加え、粘りが出るまでよく混ぜ2等分にして成形し、真ん中を凹ませる。
⑤フライパンにオリーブオイルを熱し、ハンバーグの両面を焼く。
⑥皿にマッシュポテトとハンバーグを盛り付け、ハンバーグにブルーベリーソース・生クリームをかけ、マッシュポテトにパセリを散らす。

     

2020年9月1日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

本日のご当地食材は日田市の梨!

メニュー
「梨の白和え」
日本料理一筋43年! 料理人 山下 寿一さん!

★材料・分量★ ( 豆腐200g分)
◉梨 1個 ◉アボカド 1個 ◉椎茸 1個 ◉ニンジン 100g
(白和え味噌)
◉豆腐(絹ごし) 200g ◉だし昆布 1枚 ◉白すりごま 大さじ1/2 ◉白練りごま 小さじ2 ◉砂糖 大さじ1・1/2 ◉白味噌 大さじ1・1/2 ◉みりん 大さじ1/2

①鍋に絹ごし豆腐とだし昆布を水から茹で、フツフツとするくらいの火加減で5分程茹でたら、
 お湯を切って冷まし、キッチンペーパーに包みしっかり水切りする。
②ニンジン・椎茸はさいの目切りにして、食べやすいかたさに茹で水気を切り冷ましておく。
 アボカドはさいの目切りにしておく。
③梨は皮をむき、さいの目切りにして塩水に15分程つけしんなりさせ水気をキッチンペーパーで切っておく。
*塩水は水500mlに対して塩17g(分量外)
④白和え味噌を作る。①をすり鉢に入れて擦り、滑らかになったら、白すりごま・白練りごま・砂糖・白味噌・みりんを加え擦る。
⑤②・③を加え入れざっくりと和える。