2019年9月6日金曜日放送

ゆ~わくフライデー

今回はどっぷり昭和の世界に浸ってもらいましょう♪
別府市で老舗の喫茶店をまわってきました。
お洒落なカフェ巡りもいいけど、昭和の喫茶店も、久しぶりに行くと
改めてその魅力に気付く事ができますよ。

〇「Tea Room ポプラ」
1978年(昭和53年) OPEN 
住所:別府市 石垣西7-4-27
電話:0977-25-5970
営業:午前9時30分-午後8時
休み:火曜 
 

■ポテトのチーズ焼きセット 850円(税込) ※珈琲は別料金
 

■ブレンド珈琲 450円(税込)

 

〇「珈琲亭」
1975年(昭和50年) OPEN 
住所:別府市 汐見町1-34
電話:0977-24-4152
営業:午前8時-午後6時
休み:日曜 
 

■ピザトーストセット 750円(税込) ※ブレンド珈琲付
 

 

 

〇「なかむら珈琲店」
1949年(昭和24年) OPEN ※ブルーバード劇場も1949年開館
住所: 別府市北浜1-2-12
電話:0977-23-1272
営業:正午-午後6時
休み:水曜 
 

■なかむらブレンド 450円(税込)

 

 

【MAP】

2019年9月3日火曜日放送

ゆ~わくクッキング

9月は「ナスのアレンジレシピ」! 今回はイタリアン!
先生 菅 恵美子さん (エミコの野菜食堂 大分市府内町)

メニュー
「ナスとチーズのコロッケ」

★材料・分量 (コロッケ2個分)
(ナスとチーズのコロッケ)
◉ナス(1cm輪切り) 2本 ◉パルミジャーノチーズ 10g ◉モッツァレラチーズ 適量 ◉パン粉(つなぎ用) 10~20g
◉薄力粉 適量 ◉卵 1個 ◉パン粉(衣) 適量 ◉塩 2つまみ ◉黑コショウ 少々 ◉ナツメグ 少々 ◉サラダ油(揚げ用) 適量

(トマトソース)
◉トマトの水煮 200g ◉ニンニク(みじん切り)1片 ◉塩 1つまみ ◉オリーブオイル 大さじ1 ◉バジル(トッピング) 少々

◆作り方
①ナスを180℃で揚げ、きつね色に柔らかくなったら粗熱を取り、包丁でたたいて細かくする。
②ボウルに①のナス・パルミジャーノチーズ(粉チーズ可)・パン粉・塩・黑コショウ・ナツメグを入れスプーンで混ぜる。
③2等分にして丸めながら、中にモッツァレラチーズを入れ、ナス型にする。
④薄力粉・卵・パン粉の順に衣をつけ、180℃の油でキツネ色になる程度揚げる。
⑤フライパンにオリーブオイル・ニンニクを入れ火にかけ、香りが出たらトマトの水煮を潰して入れる。
⑥⑤がグツグツしてきたら塩を1つまみ加え、トマトソースの完成。お皿にのばします。
⑦コロッケをトマトソースの上に盛り、バジルをのせれば完成!

◆ポイント
①ナスを揚げて使うことです。
 油を吸ったナスはおいしいですし、トロッとしてコロッケの形も作りやすくなります♪

②チーズを2種類使います。
 パルミジャーノチーズはナスとパン粉をつないで塩気と香りをプラスしてくれます。
 モッツァレラチーズは中に入れてトロリと見た目も食感も楽しめます♪

2019年9月2日月曜日放送

噂のトモちゃんねる

今回で16回目となる、手近な食材で簡単においしく作れる「ラクうまレシピ」!
街中で皆さんの自慢の「ラクうまレシピ」教えてもらいました♪

【ニンジン明太子】

①ニンジンを千切りにし、オリーブオイルでニンジンがしなっとなるまで炒める。
②①に明太子・白だし・塩コショウ・味の素を加え、さっと炒めれば「ニンジン明太子」の完成♪

【納豆天ぷら】

①器に納豆と刻んだネギを入れ、よく混ぜる。※好みで納豆のタレを加えてもOK。
②混ぜた納豆を海苔で包み、水で溶いたてんぷら粉にくぐらせ、油で揚げる。
③こんがりきつね色に揚がれば「納豆天ぷら」の完成♪ ※天つゆで食べるのがおすすめです。

【ニセカツ】

①ジャガイモをつぶし、塩コショウ・マヨネーズを加え、マッシュポテトを作る要領で混ぜる。
②しっかりと混ぜたら①を団子状にし、塩コショウを振った豚ロースを巻く。
③団子を小麦粉・マヨネーズ・水で作った液にくぐらせ、パン粉を付けて油で揚げる。
④表面がカリっとこんがりきつね色になったら「ニセカツ」の完成♪

2019年8月30日金曜日放送

ゆ~わくフライデー

今回は豊後大野市♪
8月31日は語呂合わせで 8 3 1、『野菜の日』。
そこで.. “大分の野菜畑”と言われる豊後大野市で、お野菜たっぷりグルメを満喫出来るスポットを紹介します。

〇「道の駅おおの」
住所:豊後大野市大野町 田中43-10
電話:0974-34-3231
営業:午前9時-午後6時 
休み:不定休 
 

■王様トマト 1パック 220円(税込)   

■なつしずく(幸水) 4個入 600円(税込)     
 

■紅はるか 1袋 250円(税込)              ■紅あずま 1袋 280円(税込)
 

〇「ふらごはん ぺこぺこ」
住所:豊後大野市大野町 矢田1319
電話:090-4773-1811
営業:午前11時30分~ランチ営業のみ 
休み:不定休 
※完全予約制・2日前までに要予約・1日1組限定
 

■きまぐれランチ 1500円(税抜)
 

 

 

〇「森のカフェ ゆるり」
住所:豊後大野市三重町 秋葉632
電話:0974-22-7811
営業:午前11時30分-午後4時(L.O.)
休み:水曜・第1.3木曜定休
 

■ゆるりプレート 1200円(税込)
 

 
■シャインマスカット ヨーグルトサンデー 400円(税込)


【MAP】

2019年8月28日水曜日放送

ワダの話題

「 ワダの話題 ~みそソムリエ~ 」

今回は 津久見市のみそソムリエ・美園糀薫さんをご紹介しました。

放送ではお伝えできなかった、
2週間でできる手作りみそのレシピをこちらでご紹介します!

【手作り短期みそ】

<材料>

・麹   600g
・煮大豆 400g
・塩    55g

①塩を麹に揉みこむ。
※手で擦りこむようにするのがポイント!
②煮大豆を粒がなくなるまで手でつぶす。

③つぶした大豆を塩と麹のボウルに入れ、手でよく混ぜる。

④こぶし大の団子状にまとめる。

⑤密閉袋に団子をつぶしながら空気が入らないように入れていく。

そのまま2週間ほど常温で熟成させれば、完成!

麹を多めに入れ、塩分控えめにする事で、発酵スピードがあがるのがポイント☆
ぜひ、ご家庭でお試しください!